2018年09月21日

服にかける時間が欲しい



 

スポンサーリンク



結婚してから…というよりは勉強のストレスが溜まりすぎててフェラガモを買ってしまいました。落ち着いたらその事も書きたいです。めちゃめちゃ気に入ってるから。


こないだ「誰やこのデブ」と思ったら鏡に映った自分やった、という一人コントみたいな状態になるぐらい劣化してて、どないかせなあかんと思ってます。

ほんまな、鏡に映った自分を見て、「ずっと部屋に篭もって勉強してるとここまで劣化するか…」とか思ったもん。勉強せずともオバハンになると劣化はするけど。
でもドラムしてた頃はもっとガチムチやったし!www
カジカジに良く載ってるような友人知人が居たあの頃が懐かしすぎる。私の旦那さんは海外で500円で買うてきた服を平気で着るし…。かろうじて財布はヴィトンで身長180で脚が長いってだけで500円の服がマシに見えるだけで脚元も近所やとクロックスのぱちもん…(ノД`)・゜・。2人してばり田舎っぺ…。


毎日「どの服着ようかなー」って考えられる時間ぐらいは欲しい。その時間が無駄やからって今はほぼローテーションで服着てるしほんま自分で「だっさいなあ」と思うもん。
おばちゃんってこういう風に適当になっていくんやろうか。




てか、ほんまに人の何倍も努力しないと資格に受からん低能やから、ドラムも叩きに行けんしファッション誌も読めんし、そういう部分で辛すぎる。

若い頃はファッション誌に載ったり(読モでもなく普通にスナップされる程度、都会で暮らしてたからというだけの理由やと推測)、服を買いにいくと美容師と間違われたり(ずんぐりむっくりやからモデルやとは思われんのやけど服と髪にまあまあ時間と金かけてるのがわかるんやと思う)、男女問わずその服可愛いやとか…、顔面偏差値やなくて服装等の偏差値を褒めてもらえてたわけですよ。

それが、勉強に目覚めてからはほんまに適当。どうでもいい。
服買うなら参考書買う。学費払う。服装考えてる暇があったら寝る。読書をする。頻繁に美容室に行かない。
等々、めっちゃめちゃ適当になってて、お洒落のかけらもない。

その結果辿り着いたのは【ハイブランドとか高めのもん身に着けとけばどないかなる】。

もうな、
「おしゃれ!」「その服可愛い!どこで買ったん!?」
やなくて、
「グッチやん!」「ヴィトンやん!」「エルメスやん!」「ダイヤやん!」でいいと。
取り敢えず金で解決させるマンwwwww

だから結婚指輪もデザインで選ぶんやなくてカラット数と。おばあちゃんになってもつけられる定番デザインでクラリティの良いものでいいと。シンプルイズベスト!wwwww


なんかもうそういう考え方になってしもてる。正直ダサい。自分でわかるよ。元々堀江に暮らすぐらい服にはそこそこの興味があったもん。ただ服のセンスが無いと自分ではおもってるから服飾の学校やなくて音楽の専門学校に進んだけど(音楽は色んな学校に推薦されるぐらい当時頑張ってた)。



今回選んだ結婚指輪のデザインとかハイブランドが好きなのは若い頃からですけどね。
昔働いてたお店が、毛皮とか取り扱ってる店で、そこである程度革製品とかの勉強をしたから好きになって。
んでそこの社長がエルメス大好きでベンツに乗ってて〜っていう、元モデルの女社長やったから、そういう理由でバブル期に「良い」と言われてたものも取りいれるようになってます。

で、これ上手く組み合わせないとただのオバハンになるから際どいところで。
まあシンプルに組み合わせればええんやけど、私は元々センスが無いから、本来は時間かけて考えなあかんのですよ。

それを全部勉強を言い訳にサボってるから、ほんま最近の私は酷いです。


今の資格取り終わったら自分の服装を元に戻さなあかん(というか時間をかける)と思ってます。
若い頃と全く同じ服は似合わんからやり直しよなあって。想像するとワクワクするわ。基本は変わらんのやけどね…。



こないだ旦那さんに勉強終わったら普通の主婦になってなって念を押されてしまったし、あまりにもガリ勉すぎて息が詰まるらしく申し訳なさを感じまくってます。
綺麗なお嫁さんになるべく、引き続き勉強頑張ります。勉強しすぎて白髪増えすぎ…(ノД`)・゜・。


 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 11:42| Comment(0) | 勉強・30代からの大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする