2016年05月25日

税金も法律も何でこんなにややこしいのか




↑スポンサーリンク↑


不動産鑑定士の講師が水素水を飲んでるのが気になる…。


今週来週でテストがあるので恐怖です。

てか講義遅刻はしてるけど休んだのはキャンプサボった時の1回のみで(キャンプに出てたら公欠扱いになります)。
せやけど全然頭に入ってないなぁと思っています。
講義受けたところで抜けていってるわ。
ほんまにめーっちゃちょっと、一部分だけ覚えてる感じ。


聞いてる分にはそこそこ面白いんやけど、基本的にテキスト読んで「ここが出ます」って言うてるだけの講義やしなぁ。
日本語教育の講義だけは、作文とか小論文があるから能動的やけど。



あんな受け身の講義をずーっと聞いてるだけやったら、家で教科書読んでるのと変わらんのやけど。
しかも家で教科書読むとしたら、問題集も買って、問題集に沿って勉強しとると思うんよ。

講義やと教科書を目で追ってアンダーライン引いてるだけやし。
ほんま頭に入らん。

でも出席しとかないと印象悪くなるやろうし、頑張ろうとしてるっていうアピールはしてるというか。
いや普通に頑張ってるんやけどね。
折角自腹で通ってるんやから、皆勤で居たいです。遅刻しとるけどな…。

【自分で勉強したほうが早い】が当てはまりまくってる気がします。

試験勉強して、やっと「ああそういう意味やったんか!」とか思ってる状態やからな…。
理解しようと思って講義受けてるけど、結局脳は半分寝てるんやろうな。講義受けてるけど眠すぎてアンダーライン引くので精一杯の時も多いし。
ほんまお経みたいなんやもん…。




てか普通に思うんやけど、税の仕組みとか法律とか、ややこしすぎ。
何であんなに複雑にしてるんか意味がわからん。

もっとざっくり決めればええやん。


こんだけ難しかったらめっちゃ搾取されとるんやろうなぁ…とか、搾取厨になりそうなくらいやわ。

まあそう思ってるからこそ税法とか民法とかいろいろ学ぼうと思ってるんやけどね。



ほんま義務教育までの勉強も普通に大事やとは思うけど、税金とか法律のほうがもっと大事な気もするんやけどね。

わざとめーっちゃややこしくして、金持ちに有利な仕組みにしてしまってるんやろうか。
生きていくのに必要なお金の問題を専門家に頼らないとうまく解決出来ん仕組みにしてるのって何か変な感じやなーとか思います。

一応細かい事わからんくても、稼いだお金から色々天引きされた分を遣って生活すればええだけの話ではあるけど。



勉強してると不平等やなあと思う事が多すぎてなんか落ち込みます。
私は20代後半からやっと「勉強したほうがええんやなー」と思うようになったけど、そういうきっかけが無い人はずーっとくさくさしてるだけなんやろうし、もうそういう部分が不平等やなと思えてなりません。
きっかけを与えてもらえる環境にあるのと無いのとでは人生全然変わってくると思うからなぁ。

大学の図書館でたまたま手にとった本にそういう系の事書いてて「せやな」と思いました。
終わり











↑スポンサーリンク↑
posted by くりはらりえ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・30代からの大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする