2018年06月24日

SNS疲れと言うかネット疲れ@日本で安いもん買えすぎて海外に行けない



 

スポンサーリンク


お花畑系の男性は「海外(タイ・フィリピン・ベトナム・マレーシア等)ならめっちゃ物価安いから安く暮らせるよなあ。移住しよかなあ」的な事を言います。気持ち悪いです。そういう事を言う人は低所得です。気持ち悪いです。

海外で節約して暮らすよりも日本で節約して暮らしたほうが贅沢出来ると思うんですけどね。
日本で稼げんくて肩身の狭い思いをしてる(と自分で感じてる)からって海外に逃げようとしてるそれがもうおもっくそヘタレすぎて寒気がする。
同級生にいじめられた腹いせに子供を襲う的な、弱いものいじめして憂さ晴らしするのに似てる。自分がちょっとでも強い者に近い位置に行けるところに行きたいっていうそれ。
海外行きたいとかほざく前に同じ職場に長く勤める事からはじめろや、とか思う。




SNSでは元々ほぼ人と絡まんし、理由があってそこそこ絡んでしまってた時は普通にめっちゃ疲れてました。
だからSNSには疲れてないんやけど、ネットに疲れてます。情報量が多いし、何かをググったらそこから派生した事をググってしまう。それがやめられへんくなる時がある。我に返って「うわぁ…この時間勉強するべきやった…」みたいになります。

今は雑誌読み放題サービスとかがあるし、ネットもあるしで以前よりも情報集めやすくなったとは思うけど、ネットが普及してなかった頃のほうが、自分の足で本屋に行ったり人から話を聞いたり…で充実してた気がします。
私は中途半端な時に生まれてるからそこそこネット世代です。
私よりも10歳以上年上の人達…というか70年代生まれが羨ましいかなあ。昔の雑誌は、今見ると「古い情報やなあ」とは思うんやけど、今やと出版出来んような内容の事が書かれてたりして、それがめちゃめちゃ面白い。
今はネットでその情報が集められるんかもしらんけど、なんていうか…サブカルチャー的な要素が薄いというか…いや別にサブカルチャーなんか求めてないんやけど…見つけたった!ていうレア感みたいなもんが無いって言うたらええんやろうか。何かそんな感じで楽しくない。

昔は良かったなあとか昔の人はええなあとか思ってまう懐古厨みたいなところが自分で気持ち悪いので、こういう発言はあんまりせんようにしてます。

取り敢えず、ネットの色々な情報を勝手に見て勝手に振り回されて勝手に消費してる自分がとてつもなく嫌でしんどいです。
でもこれなかなかやめられないです。諦めるしかないというか半分諦めて受け入れてるし、まあそれでも貯蓄少しは出来てるしなあって感じで…戦いながらなんとか頑張ってる感じですね。




その、自分の物欲と戦いながら見ているインターネットとか、その他リアルな日常に溢れてるサービスが美味しすぎて、私は海外に行く気になれないです。

いや旅行では行くんやけど。

女性の海外旅行といえばショッピングやん。みんな「何しに行ったん!?観光は!?」てぐらいショッピングしよるやん。
その買い物の必要が無いってこと。日本で買うほうが安い。なんでやねん。海外旅行の醍醐味ないやんけ。ってなる。

そら安いもんもありますけどね。物価上がったとはいえ安いもんいっぱいありますけどね。


海外で服買わんでもファストファッションがあるし、ごっつい安くなるクーポンとかあるし、ポイント○倍とかでめっちゃ安く買い物できるし。
ほんまどんだけ生活費抑えさせてくれるんですかー!!!!!(*´▽`*)て感じのサービスが多くて嬉しい。



だから、つい数年前まではスーツケースで海外旅行行ってたけど、最近はバックパックで行くようになりました。手荷物料金がもったいない。
ほんまは海外でオーガニックのボディソープとか買ってきたいんやけど、日本で安く買えるしなあってなる。
もちろん海外でしか売ってないのもあるんやけど、でも日本で安く買える類似品で充分やから、買うて帰るのがアホらしくなる。そもそも荷物が重いと疲れるしな。


物価の安い国やと、屋台の外食で1食が安く抑えられます。
でも、日本で袋ラーメンとか食べればもっと安いです。
そう考えると、例えば1年海外で安い屋台食食べて暮らすのと、日本で袋ラーメンをたまに食べたりもして自炊する生活やったら、明らかに日本での自炊生活のほうが安く抑えられます。海外の屋台食はバランスが良いわけでもないし味濃いやろうから健康にも良くはないはず。

5000円ぐらい毎月払えば日本では高速でネット使い放題やし。海外は低速やろうし。高速WiFi使いたいと思ったらカフェまで行かなあかんかったりするかも?知らんけど。

そういう諸々を考えると、節約生活が染みついてる私は海外で生活するのと日本で生活する場合の生活費に大きく差はないと思います。


従って、海外旅行に1週間〜1ヶ月ぐらい行くのは観光を楽しむという意味で必要な娯楽やけど、1年間生活するっていうのはコスパが悪いので私的には向いてないわけです。

正直留学したいです。行きたい国も決まりました。生活費は日本と変わらんか、行ってみなわからんけど日本よりちょっと少なく抑えられるかもしれません。
でも、留学すると仕事が出来ません。例えばバイト出来ると仮定しても、自給300円とか500円の仕事するのは流石にアホらしいです。今も大阪市は時給がええから大阪市に住んでるのに。兵庫(地元)は大阪より安いですからね。


SNSとか好きな性格で、ネット上でいろんな人とコミュニケーションがとれて、且つブログの才能があれば海外留学ブログで収益上げられる人になるんやろうけど、私はそういう性格やないから厳しいです。

だから海外留学が出来ひん。めっちゃ悲しい。
今貯蓄が2000万ぐらいあれば大学卒業してから行ってたやろうけど…wwww


日本の生活ってほんまめっちゃコスパいいですよ。海外のほうが物価とか安いから羨ましいとか思ってる人は今一度世間で行われているサービスに目を通してみてください。節約できまくります!(*´▽`*)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そんな感じで、留学は物価の安い国でも(現地で働けんから)コスパが悪いし、今時のインターネットの便利さに勝手に翻弄されて疲弊してる状態なので、再婚したくてたまりません。

似たような価値観の人と再婚したくなる。時がある。


いや一人でもめっちゃ気楽でええんですよ。実際にもし今後彼氏が出来たとしたら「疲れた」とかばっかり言うてる可能性もあります。
でもおらん今は2人での生活を美化してしまいます。



本が好きで、休日に横に並んで個別で本を読んで、適当な自炊を「美味しい」と食べてくれて、まれに旅行に行ける、服にこだわりがなく持ち物が少ない、適度なインドアおじさん。
私に彫り物が無かったらそういう人と巡り合える可能性もあったんかなあ。もうな、この彫り物があるからほぼ男性全滅ですよwww
いやそれがええんやけどね。楽やし。

たまに「めっちゃお似合いやなあ」っていう、ぶちゃいく同士で趣味というか波長が合うような夫婦がテレビに映されてたりするんやけど、あれほんまええよなあと思う。
美男美女が結婚して、お互い別のところで恋愛したりしてるかもって疑ったりはしつつそれを言わずに仲良くしてるみたいなピリピリ感があるような夫婦は、私からすれば全く羨ましくない。
ピリピリ感のない、「おかずは5品は作ること」的な事を言わず、「わー、今日は親子丼かぁー(*´▽`*)」的な喜び方をしてくれるおっさんがいい!!!!!wwwww

そういうオッサンは既に誰かの旦那さんになっとるんやけどね…。そんな事言うてたらいつまでも再婚出来ひんってわかってるけど私ズボラやからその辺りは譲れんな。自炊は普通にするし弁当も作って欲しいて言われたら当たり前に作るけど食にこだわりがあるマンとは付き合えんな。付き合って3ヶ月ぐらいで逃げると思う。


いやそんなどうでもええ事書きたかったんやなくて。ほんま一緒にぼーーーーーっと出来るようなオッサンが欲しくなる時があるけどもう手遅れすぎる見た目やから一人でぼーっとして、たまに本気出して勉強する…の繰り返しで一人暮らしと貯蓄スキルをより向上させていきます。てことが書きたかったわけでもないんやけど、とりあえずまれにネットしすぎるので疲れます。疲れすぎてオッサンと暮らしたくなります。どんどん応募してね(はぁと

 











 



 



スポンサーリンク
posted by アンビバレント女々 at 15:17| Comment(0) | 貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする