2016年09月18日

白雪姫症候群というよりマレフィセントなう(ネタバレあり)



 

スポンサーリンク




物凄く精神的に追い詰められてるけど自己啓発をした後の人間なので、宅建出来るところまでやろうと勉強しています。

カフェで勉強してきました。
朝はほぼ誰も居ないので快適です。めちゃくちゃ静かです。

居てる人も勉強してます。
心斎橋の日曜日とは思えん静けさです。


でも10時ぐらいになって、子連れが来ました。
オッサンに騙された最近の私は、子供を見ると気が違いそうになります。

めちゃめちゃ歯を食いしばって勉強していました。
自室やと好きなだけ震えられるけど、外では健常者として過ごしたいので我慢します。
その分見えないところ(歯をくいしばる)に力を入れて我慢します。


帰りの地下鉄も子連れがいました。
手持ちのビニール傘で目を突いてやろうかと思うぐらいの気持ちになりました。




私は生まれてからつい先日まで、子供に対してそんな気持ちを抱いた事がありません。

仲睦まじいカップルを見ると『幸せをおすそ分けしてもらった』とか思うぐらい寛大です。
そのくらい人に関心が無いし妬みません。

自分の彼氏が他の女といちゃいちゃしてたりしたら嫉妬の感情が湧くんやけど、他人に対しては全く湧きません。羨ましいとかも思いません。



そんな性格が豹変してしまいました。

早く元に戻りたいです。


私の数少ない、仲の良い友達も子供が嫌いで、
例えば飛行機とか電車とかで子供が泣いてると
「子供が居るんやったら飛行機とか乗らんかったらええのに」
「金ある奴だけ子供産めや。タクシー使えやヴォケ」
とか言うています。

それを見て私は『心が狭いねー。子供可愛いのに。』と返します。
友達は「自分の子供以外何も可愛くないわっ」とか言うてます。

そんな性格やったのに、今はその友達の気持ちが分かってしまいます。






つい最近、録画していたマレフィセントを観ました。

たしかあのオッサンに騙されてたと気付く前に見ました。


今の私はマレフィセント状態です。
マレフィセントは【眠れる森の美女】の悪役に焦点をあてた映画です。

以下ネタバレありです。
この記事に必要な部分だけ抜くので、かなりざっくりです。



マレフィセントは妖精で、妖精の国に住んでいます。
人間の国の男の子が迷い込んできて、2人はお付き合いします。真実の愛を誓いあいます。

でも男の子は成長するにつれて野心が芽生えてきて、王の座につきます。
人間の女性と結婚し、子供をもうけます。

お祝いの席にマレフィセントが現れて、裏切られた腹いせに、
子供に【16歳の誕生日に糸車に指を刺され死の眠りにつく】という呪いをかけます。
その呪いをマレフィセントは【真実の愛のキス】によってのみ解くことが出来るようにしました。
真実の愛なんか無いとマレフィセントは思ってる=絶対解けない呪い、です。



王は糸車を全部焼き払って、3人の妖精に子供を預けました。

その妖精の元で子供は育っていきます。
マレフィセントはそれを影からずっと見ています。

3人の妖精は子育てに無知で、子供を全然育てきれないので、マレフィセントは魔法で遠くから子供にミルクをあげたりします。


子供が成長したある日、マレフィセントと子供は体面し、子供はマレフィセントに懐いてしまいます。

マレフィセントは呪いをかけたことを後悔するけどもう手遅れで、子供は呪い通り16歳で眠りについてしまいます。


…結末はググって下さいね。




って感じで、嫉妬して呪いをかけるところが今の私の状態なので、被ってんなあと思いました。かけてないけど。

ちなみに【呪い殺す方法】とかでググったんやけど【3倍返しがくる】とか書かれてたのでそっ閉じしました。
そういえば昔友達が「いま嫌いな子に黒魔術かけてんねん。失敗したら私が呪われるねん!」とか言うてたよなあとか、高校生の頃を思い出しました…。


いやだって、法律に違反してる事やったあかんって言うんやったら、非科学的な事で何かやったろうとか思うやん?思わんって?うん、今とち狂ってるからね…。




こないだ泊まってった男の子も、
「昔俺頭おかしくて鑑別所入ってたんす。喧嘩ばっかりしててね、喧嘩の相手の頭蓋骨割ってもたんすー!」
「俺、本って言うたら自己啓発書ばっかり読んでるっすー」
とか言うてて、うーん、私と被ってるーきもーい(^◇^)と思いました。

やっぱりええ歳して大学入りなおす人って一周まわって自己啓発本とか読むんやろうか。
客観的に見たら普通にきもいね。ネタで言うててもきもいね。私がきもいって言われる意味がわかった。





今の自分の状態を「異常」って認識してて、
んでそれでも頑張って働いたり学校行ったりしてて…
って考えると、昔に比べてやっぱり成長したなあと思います。

これまでの人生の中で一番嫌な事をされたのにこの程度で済んでるのはやっぱり成長しとるよ。


境界性パーソナリティ障害の人に一番やったらアカン事してたもんな。
一番病気を悪化させる…私の場合は再発させる…地雷をばんばん踏みまくられたので、立て直しに必死です。




境界性人格障害のおもな特徴

見捨てられ不安


境界例の方の多くが、愛する人や大事な人に見捨てられるという不安を絶えず抱えています。
人間は誰でも多かれ、少なかれ、愛する人や大事な人に見捨てられるという不安を抱いていますが、
境界例の方の場合は、見捨てられ不安の感情が、非常に強く、
周囲の人には、理解できないほどです。

J・F・マスターソン博士によると、この見捨てられ不安は、
ハイハイを はじめたばかりの赤ちゃんが、母親を探し求め、
泣き叫んでも母親を見つけることができない場合に起こる、
さみしさ(孤独感)や、不安感、怒りの感情のように、心の奥深くから、
わきあがってくるものであるといいます。

このような状態におかれた赤ちゃんが必死に泣き叫ぶ姿を想像して下さい。

境界例の方の見捨てられ不安は、この泣き叫ぶ赤ちゃんと同じような 状態にあるのです。
常にあるさみしさや、怒り。 むなしさや絶望感からくる落ち込んだ気持ち。
一人という孤立感やどうでもいいという自暴自棄の感情などは、
この見捨てられ不安が、原因です。

境界例の方には、この見捨てられ不安が、つねに付きまとっているので、
繰り返し、繰り返し、さみしさや、怒り、 むなしさ、絶望感、孤立感、自暴自棄の感情が襲います。

境界性人格障害


おもな特徴に、ドーン!って乗ってるからな…。
ほんま、嘘つかれるのって見捨てられ不安ある人にとっては最高の地雷よな。
あーあ。頑張って寝よ。

 











 



 



スポンサーリンク
posted by アンビバレント女々 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック