2016年12月09日

【ダ・ヴィンチ・コード】2回目やけどわけわからん。【天使と悪魔】は一応面白いかな



 

スポンサーリンク




映画のカテゴリ作ってないから書評カテゴリに書きます。


テレビで【ダ・ヴィンチ・コード】と【天使と悪魔】やってたから録画して観ました。
【インフェルノ】は観に行ってません。


【ダ・ヴィンチ・コード】は昔映画館で観ました。
当時の彼氏(誰か忘れた)とUSJに行って、その帰りに映画も観たいとか言われて、私は
『朝から早起きしてUSJ行ったのに映画観ても寝てまうって!』
と反対したにも関わらず、彼氏のワガママで観る事に。
私は1800円ぐらい払っとるから絶対寝えへん!って、半分眠りながら頑張って最後まで観たんやけど、
彼氏は横で爆睡してる…っていう思い出があります。

で、半分眠りながら…眠気と格闘しながら観てたから、内容が全くわからんかったんかなーとか、
絵画の知識が無いから面白く感じんかったんかなーと思ってて。



それからもう大分経過して、受験勉強で世界史も勉強したから、今度は理解出来るやろうと。
そういう気持ちで気合いを入れて観たんやけど…。あんまりわからん…(´・ω・`)

いつも映画観る時倍速なんやけど、そのせいってわけでもなく。
逆にこれ普通のスピードで観てたら、長すぎて最初のほうの内容忘れてるやろうし。


多分私、3種類に分かれて戦われると混乱するんやと思います。

敵と味方だけやと分かり易いんやけど、
主人公グループと、味方グループ(敵かも)と、敵グループ(味方かも)、
って3つに分かれて展開すると、頭が混乱してきます。

邦画やと大丈夫なんやけど、洋画やと外人の顔が全部一緒に観えてきて混乱するんやけど…これって私だけ???


観終わってからググったけど、それでもめっちゃややこしいなーと思いました。
一応内容把握出来たけどね。

シオン修道会とオプスデイのどっちがええもんでどっちが悪もんかとか混乱するし、出てくる人がどっちなんかよくわからんくなってくるし…多分展開早いし。
原作をかなり端折ってるんやと思います。

一応世界史で受験したぶんキリスト教の知識はうっすらあるから、当時よりは大分理解出来たけど…。

なんか全体的に面白くないし、キリスト教に興味ある人だけが楽しめそうな映画でした。
最後の最後のオチは『そうやと思った』って感じやし。
それまでの展開は理解しにくいし。
『はいはいキリストのあの説とこの説ねー。…だから?』って感じでした…。

ネタバレさせてないので気になる人は解説でもググって読んで下さい。





【天使と悪魔】もおもんないんかなーと思いながら観たんやけど、こっちはまあ面白かったです。
ダヴィンチコードよりもかなり分かり易かったし。

神様と科学の対立話みたいな感じやから、普通に面白かったです。
あとはバチカンの中は黒いよ、みたいな感じの話やから、まあリアルっぽくていいんじゃないですか。
リアルっぽいというか皮肉っとるっていうん?そういう系やろ。

人に勧めるほどの映画ではないけどダヴィンチコードよりは全然面白かったです。




これどっちもテレビでやってたけど、なんとなく「今日はダヴィンチコード観てみよー」と思って観はじめた人からしたら「?????」ってなると思うんやけど…。
これ理解出来る人って結構博識…というより雑学好きじゃね?と思いました。

映画は酷評みたいやけど小説は人気なんですね。でももう小説読もうという気にもなれないぐらい映画がわやでした。
【インフェルノ】もDVD出てからレンタルすればええかな…という気持ちにさせてくれる2作品でした。
終わり

 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 何の参考にもならない書評+雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック