2017年02月17日

町田康の【くっすん大黒】めっちゃくちゃ面白い@今日まで読んでこんかった自分をいてこましたい



 

スポンサーリンク



あの…これまだ途中までしか読んでないです。

「くっすん大黒」ともう1作品収録されてるので、「くっすん大黒」の真ん中ぐらいまで読みました。
チャアミイと吉田が出てくるところ辺りです。


途中までしか読んでないのに先にブログにこうやって書いてしまうレベルに面白いです。
こないだ読んだ江戸川乱歩も面白かったけど、町田康に関してはテンポが良くて楽しすぎる。


私がこれまで書いてきたブログのネタで、比較的ブクマが多いのはオフレポ系です。
対話形式(会話形式?)で書いてるっていうんかな。そういうやつ。
今もほぼ毎回書いてるかもってぐらい使ってますよね。
プラトン的な。って頑張って賢く言ってみたけどペラい。プラトン読んだこと無いし。


人がしてる面白い会話って面白いんですよね。
くっすん大黒はそれをめっちゃ上手く書いてはるので、さっきも書いたけどテンポが良くてニヤニヤしながらスルスル読めます。
「上手く書いてはる」とか書くと上からみたいで何か嫌やな…。まあええか。



多分、私が対話形式のオフレポ系でブクマもらえたのは、こういう勢いがあったからやと思います。

なんていうか、他の作家さんの事は、特に「真似したい」っていう感情は出てこんくて、
「この話めっちゃ面白い!!もっと違う作品も読みたい!!(*´▽`*)」と思うだけなんやけど、
町田康に関しては、「この手法めっちゃ真似したい…めっちゃかっこいい…」と思いました。リスペクトです(^◇^)




くっすん大黒の内容は、
「部屋に大黒があって、それを捨てる」
という事です。

結末はまだ読んでないです。



本来ならこのブログを書く前に読み切るんやけど(多分あと1時間もあれば読み切れる)、
そろそろFPの勉強をしないとやばいので、電車移動とバイトの隙間時間FPの勉強に飽きた時…に読むようにしてるので、我慢しています。



元々「町田康」は、元彼が絶賛してました。
その当時私は読書や勉強に一切興味が無く、漫画すら読めないという…この識字率の高い日本において、識字が出来ない(日本語合ってる?)人間やったので、読んでませんでした。
その後漢検3級の勉強し始めたからね…。

あともう1人、友達の少ない私が仲の良い友達の1人と勝手に位置付けている女性も、町田康が好きです。


元彼は、これまで付き合った男性の中で一番気が合う人でした。
友達も、数少ない友達として残ってくれてるだけはあって一応気が合うんかなと思います。
その2人が好きな町田康を何でこれまで1冊も読んでこんかったんかと。あほかと。ほんまこれおもろいやないかいと。自分で自分をいてこましたい気分です。


 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 何の参考にもならない書評+雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447074591

この記事へのトラックバック