2017年04月09日

2回生になりました@大学院たまに気になる



 

スポンサーリンク



講義が始まりました。

高級車さん(一応元彼)は早い時間の講義も受けるので、先に大学に行ってました。
早めに終わったらしく、高級車さんは「暇」というLINEを送ってきました。
私は若干早めに着く予定で地下鉄に乗ってたのに、FPの勉強に集中しすぎて、地下鉄を初めて乗り過ごしました。
めっちゃ焦りました…。
大学は終点の1つ手前の駅やから、終点まで行ってもうて、折り返しました…。

そのせいで講義の時間ぎりぎりに着くっていう…。
「おなかすいた」って愚痴られてたのでコンビニで大量に食品を購入して持って行ったら喜んでもらえました。媚びてますwwwww




私は特に土曜日に受けたいなと思う講義が無くて、何を受けてもええなーと思ってて。
高級車さんが受けるって言うた講義を一緒に受講しただけなんやけど。
なんと。心理学系の講義でした。
「組織論」みたいな講義やのに、病院で認知行動療法やってる先生の講義でした。
なんやそれー!!

心理学大好きやから、個人的にめっちゃ嬉しかったんやけど、
高級車さんは心理学が苦手らしく「心理学去年点数低かったからトラウマなんやけど…」と嘆いてました。あんたがこれ受けたいって言うたんやないかーい!

私まともにシラバスも読んでなかったんやけど、普通に今見たら「心理学」って書いてるし…。
高級車さんちゃんとシラバス読んでないんやん…。あらら。




んでグループワークになったんやけど、私と高級車さん一緒にグループになろうとしたら、
講師「そこ3人になっちゃってるから、1人ずつ他のグループに入って下さい」
って、バラバラにされましたww

グループワークで話した人達は、
・4回生のぽっちゃり君、25歳
・2回生やけど1回生0単位の19歳(20歳?)
・1回生の社会人入試君、34歳
・1回生の社会人入試君、25歳でした。

34歳の男性が居て「今年で34歳っす!」と言われたので『同い年やー(*´▽`*)』と喜びました。
建築系の会社で管理職してるみたいです。賢そうな人でした。

「あの…講義ってこういう緩い感じのんもあるんですか?たまたまですか?」
私と4回生「グループワークはこんな緩いのもありますね」
「教科書販売の時間帯仕事で…教科書買えてないんすけど…」
私と4回生「生協は18時ぐらいまで開いてて、教科書普通に売ってるよ(*^▽^*)」
とか、教えていました。

1回生の時は私もわからん事だらけでした。大人になりましたww(*^▽^*)



で。
私『単位あとなんぼ残ってるんー?』
4回生「2単位っす」
『2単位!すごい!じゃあもう余裕やねー(*´▽`*)』
「あ…俺留年なんす。1年ダブったっす」
『えええええええええええええええ!?ほな5回生なんやwww』
「そうっすww取れてると思ってた講義の単位が取れてなくて。その先生部分点くれないんすよ。3つ答えがあって、2つは書けたんすけど、3つ全部合ってないと点数にならないんす。
それで大学に電話したら「ああ!○○先生ですか!これで問い合わせ5件目なんですよ…」とか言われて。落とした人が皆同じ事で問い合わせたらしいんすけど結局認められなかったんす。」
『まじで!?!?!?その講師やばいやん!何て名前!?』
って、グループワークに居た人全員が興味津々で、「講義名忘れたけど講師の名前は○○」と教えてくれたので、全員が必死でメモりましたwwwww

たまにめーっちゃ厳しい講師おるからね。んで教務部も困ってるという…。
問い合わせが5件もくるっていうのは相当ですからね。


たった2単位の為に今年も大学に通う羽目になってる彼が不憫です…。
もちろん4回生でそんだけ単位残してたっていう本人にも問題はあると思うけどね…。
学費を2単位で割ったらえげつないよな…。


ちなみに、こんな雑談をしてたのは、講師が
「終わったグループは雑談しててくださいね。雑談もコミュニケーションの一種ですから!」と言ったからであって、サボってたのではないです。

そんな感じで、講義はグループワーク以外は序盤なので全然内容面白くなかったけど、普通にこなせました。



その後はご飯行ってたんやけど、
高級車さんはいつものように大学院どこに行くか悩んではって。
私も大学院行けるなら行きたいけど、興味ない分野に行く意味も無いよなあ…学費高いし…とか思ったり、でも学歴ロンダリング出来るなら、今後の面接では年齢と職歴が関係してくるだけやから何のメリットもないけど、単なる自己満足として有りかなと思ったり…って感じで、いつものように悩み始めて。

んでググってたら、自分の今通ってる大学の大学院に「臨床心理士」の専攻がある事に気付きました。


これまで他にも大学院に行くとか言うてる人はおって。
「ここの(自分の大学の)大学院は行く意味ないよなぁwww」
とか言うてたので、そもそもググってもいませんでした。

今回なんとなく、自分の大学の院は何のコースがあるんや?とふと疑問に思ってググってみたら、あったという…。
入り易いんかと思ったら、
【本学卒業生の内部進学制度はありませんので、本学の学部卒業生も他大学の卒業生も公平に選考します。】
って書かれてるし…。
倍率普通に高いし…(同大学の他の専攻は倍率めっちゃ低いです…)。

臨床心理士になりたい人多いからな。流行りやからな…。薄給やのに。


試験の難易度は置いておいて、薄給やし大学院行かなあかんし、大学院の学費は高いし…って事で、臨床心理学を学ぶ暇があるんやったら働いて稼いだほうが…と思ってたけど、
折角今通ってる大学に臨床心理の専攻があるなら、検討するのも有りやなと思いました。

心理系の講義が多い学部はあって、私は全く関係無い学部やから、内部進学制度の有無に関わらずただの素人って事になりますけどね。


この年齢でフリーターの癖に大学院に行くって、本気で趣味の領域みたいになってくるんやけど、
内部進学は無くても、大学院への入学金は免除になるみたいです。卒業生は入学金20万がかからないと。元々入学金納めとるからね。そこのメリットは地味に大きいですね。

一応ググればそこそこ倍率高い大学院というのもわかるし(逆にググらんかったら内部進学やと思われるから微妙ww)、学歴ロンダリングではないからいちびってるわけでもないし、学費は入学金免除ならカウンセリング代とか入れて80万ぐらいで安め。面白そう!

仮にちゃんと臨床心理士の資格が取れて、それにも関わらず臨床心理の仕事が出来んかったとしても、元々学びたいなと思ってた分野が年間100万以内で学べて修士もらえるなら許容範囲(*^▽^*)

めっちゃええやーん!とか思ってます。



人によっては「今更大学院とかwwwww」と思うやろうけど、
人によっては「りえってほんま勉強好きやねんね〜」とか思われるんやと思います。暗記とか苦手やけど勉強は好きです(*^▽^*)

「大学院!?めっちゃ頭ええんやね〜!!」と思われたい訳ではない。【大学院=頭がいい】という発想の人はそもそも頭が良くはないから、そういう褒められ方をしても嬉しくないわけです。って言い方キツイかな…。



そんなん書きつつ…、お金の面ではカツカツです。
昔みたいに1500万の貯蓄がある状態ではなくて、一文無しに近いので、
1500万持ってた頃なら
「よっしゃー!やったんでー!大学院目指したんでー!学費ぐらいなんぼでも払ろたるわぁ!!!!!」
とか言うてたかもしらんけど、今の状態ではそこまでのモチベーションは生まれてません。


そもそも今の時点で大学院の事考える必要もなく、単純にFP試験の勉強が眠いので、それを回避するべくググってしまっただけなんですよ。
お前はFP2級を取得しろよと。先にやるのはそれやろうと。
んで固定の仕事を見つけろよと。金を作れと。


現実逃避をここに書いたまでです。

ただ、昔と違うところは、
昔は【貯蓄至上主義】的なところがあったけど、1000万も投資で失敗してもうて
『もっと○○にお金使っとけば良かった…』とかはやっぱり思うわけで。
その経験を踏まえて、
『使いたい事にはお金を使うべき』と、元々思ってたけど、より一層思うようになりました。
だからこそ大学院にお金を出してもいいかな、人生一回やしなぁ、みたいな事も考えます。

はい。それはさておき、大学の単位取得とFPの勉強頑張ります。

 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・30代からの大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック