2017年07月10日

安逸な暮らしにどっぷり浸かり、たらいで海に浮かんでいる癖にたらいと気付かないような危うさと鈍さを持っていた



 

スポンサーリンク



最近太りました。暑いから氷ばんばん入れてコーヒー飲んでたらぶくぶく太りました。
あとは読書に時間を割きたいから一切自炊してなくて、コンビニのおにぎりとパンばっかり食べてるのも原因です。
起きてる時間が長いから食べる量が増えてるのも原因かな…。


昨日、起きたら顏がパンパンにむくんでて二重瞼が一重瞼になってたのでびっくりしました…。
慌てて自炊して野菜を職場に持参しました。

依存ってほどでもないんやけど、「アホを直すために本読まないかん」みたいになって、時間の許す限り読んでもうてるので、ちょっと自粛したほうがいいかもしれないです。
とはいえもうすぐテストなのでそろそろ読書控えてテスト勉強せなアカンのやけどね…。




最近は西加奈子に嵌ってしまいました。めっちゃ面白いです。
3冊読んだけど、その中では円卓が一番面白かったです。


数少ない読書の中で分かってきたのは、私が好きなのは変人が出てくる話やという事です。
理屈っぽいとか、こだわりを持ってるとか、わがままとか、何かそういう人が出てきて「もうそこまでこだわらんでええやん…」とこっちが思うぐらいずーっとこだわって行動してるのがアホらしくて面白いです。


今のところ自分の中の好きな小説トップ10の中に入れられるかなっていうのは、町田康の「くっすん大黒」なんやけど、
その内容も、「主人公が大黒様の置物を捨てに行く」っていう話で、ただ捨てればええのに色々こだわって意味わからん展開になっていく、みたいなところが面白くて。

西加奈子の円卓もそんな感じやし、他に借りたやつもそんな内容でした。




私は、本を読み終わったらAmazonのレビューを読むようにしてます。
「オチが面白くない」とか、いろんな評価が書かれてるんやけど、
私はオチには特にこだわりがなく、途中の内容が面白ければそれでいいと思うタイプやなと思いました。
だから別に夢オチでもいいです。夢の中で繰り広げられた内容が面白ければ別にそれでいいです。


西加奈子は今のところ3冊とも当たりで、3冊当たりなのは珍しいので全作品読みたくなりました。
しかし西加奈子の作品の苦手なところは、読点が多いところです。って私のこのブログも読点多いほうよな…。





最近は特に節約という節約も、貯蓄という貯蓄もしてない…というか口座見てないので、普段の生活態度に沁みついてる貯蓄テクニックを無意識にやって貯蓄してる状態やと思います。
まあ、貯められてたとしても、今貯めた貯蓄は全部学費になるんですけどね。てか学費払ったら普通に去年今年で貯めたであろう金額からは確実にマイナスですよ。

ほんま1000万無くしてからはお金に頓着してないので、無意識貯蓄しかしてないです。このブログの趣旨(?)から外れまくってるような気がする。



本ばっかり読んでたらアカンのやけどね。
私いっつもバランス悪いんよな。本やなくても、彼氏に嵌ってたら彼氏依存症みたいになってるし、バイトに嵌ってたらバイト依存症、旅行依存症、自炊依存症、貯蓄依存症…嵌るとそれに時間を費やしてしまって、他の事全くせんくなる。歯磨きとか洗濯とかシャワーとか、そういう最低限の事しかせんくなってまうからアカンねんなぁ。

本読みながら「私もこのまま適当に生きてたら、いつか本の中身のような急展開な出会いがあるかもしらんし…って事で、やりたい事やっとこ。」みたいになってもうてます。気持ち悪いです。

いや実際、変な人に突然話しかけられたら私ガン無視すると思うんやけど…。ガン無視って死語?????



今読んでる本(桐野夏生)に
【安逸な暮らしにどっぷり浸かり、たらいで海に浮かんでいる癖にたらいと気付かないような危うさと鈍さを持っていた】
って書いてたんやけど、それ私の事やね…とか思ってまいました。

いや貧乏やけど。1000万貯めた時点でフリーターやったけど。
それでFXで1000万溶かしてまうっていうのは、たらいで海に浮かんでる事に気付いてなかったって事ですよ。ほんまアホですよ。
いやほんま危うさと鈍さ持ってるよなあと自分で思います。保守的な割に綱渡りの人生。というか保守の仕方を間違えた人生…。






そういえば先日、講師が斎藤孝の話をしていました。
なので、横に居た高級車さん(一応元彼)に
『斎藤孝最近読んだ』と言うと、

「知らん。斎藤一なら知ってる」
『斎藤孝知らんの!?有名やのに。斎藤一って誰』
「斎藤一知らんの?新選組やん」
『日本史知らんもん…。でも新選組一応知ってる。【誠】って書いたハッピ着てる人やろ』
「…ああ、うん…法被ではないけどな…」

という会話をしました。
あれハッピじゃないんや…たしかにお祭りの為に着てるんちゃうもんな…。と思ってググってみたら「羽織」らしいです。でも普通にハッピと間違えてる人いましたよ。って事は私あんまりアホちゃうな。良かった。と思ったから書いてみました。



てか高級車さんは、そこそこ年収があって(多分オチューンレベル)、高級車を乗り回し、養育費を多分払ってて(オチューンみたい)、離婚してるから結婚時に買った家のローンを払って…という役職付きの男性なんやけど、いかんせん一般常識が無い。

いや普通に、テレビ見んから流行りを知らんとか、そういうのは良いんですよ。私もほぼ流行り知らんし。

やなくて、斎藤孝もマルキドサドもエドガーアランポーも知らんって常識無さすぎんか?????
いやこれここ数日で彼が知らんかった事なだけなんやけど。
他にも色々話するんやけど「知らん」ばっかり言われて。



本読んでると、普通に、他の作家さんの名前とか歴史上の事件とか色々な言葉が出てきて、その度に
「知らんわ…私って常識無いな…」って悲しくなっとるんやけど。

西加奈子の本の中で「マルキドサド」の話書いてあったから、下の話やからオモロイかなと思って高級車さんに言うてみたら
「誰それ?知らん」とか言われて、うーわ、そこから説明せなあかんの?サディストの〜とか、そういう説明するのももう面倒になってきて話が中途半端に終わる。

何ていうかアホな人と喋ってる気分になります。私もアホやけどあえて使いました「アホな人」。


この人一般常識無さそうやな…と感じた人には、かみ砕いて説明したりとか、そもそもその事を話題に出さんかったりとか、そういう気遣いぐらいは私も普段からしています。
高級車さんに関しては、「常識のある人」という認識で話をしてしまうから、いっつも「誰それ?知らん」「何それ?知らん」とかばっかり言われて『え…何でそんな事も知らんの…』と良く思ってしまいます。


自分がそこそこ頑張り始めてから思ったのは、
「意外とアホ多いな…」って事です。

ずーっとフリーターしてると、
正社員は立派なもので、役職についてる人なんてそれはそれはもう立派な人なんやろう、
と思ってしまうんですよ脳が。

で、敬意を払って会話させて頂くわけです。
んだら『ん?この人…もしかしてアホ…?』とかたまに思ってまうわけです。
いやいやいやいやそれぐらい当たり前に出来るやん?とか、思ってまうわけです。

もちろん逆に私もそう思われてる事は度々あると思うんやけど、そもそも私は【アホキャラ】で通してるつもりなので、勝手に【頭良さそうな人】みたいな先入観で来られると、その人がずっこける事になってまいます。



今はフリーター人口かなり多いけど、昔は殆どの人が就職したわけで、
そう考えると、アホな正社員も世の中にはいっぱいおるんやろうなあと、アホなのでそういう事をやっと知ったわけです。アホやからというよりも歳取ったからなんかなあ。若い頃は「上司(正社員)=年上」やったけど、34歳にもなると、上司が年下とかザラやもんね。

って、高級車さんは10歳年上やから。
話しててアスぺ入ってるんやろうか、とか思ってまうぐらいなんやけど、一般常識も無いので結構辛いです。




こないだ私が遅刻して、プリント取っといてもらって。
私『おはよー!(プリント)ありがとー!(*'▽')』
高級車さん「次はお前が取りに行けよ」
『うん、言われんでも取りに行くよー。取っといてくれてありがとー(*'▽')』
「俺のほうが取りに行ってあげた回数多いし。」
『え!?回数!?!?そんなん気にしてんの!?高級車さんって見返り求めるタイプなんや。ほな私が来てる時は全部私が取りに行くから座っててええよ。私そういうのん気にせんタイプやから。ごめんごめん。知らんかった。』
「…」

という会話をした後に、新しいプリントが講義中に配布(一番前の机に置かれる)されて、
私が取りに行ったら、高級車さんも付いてきて
『取りに行くって言うたのに???』
「忘れててん」
と仰いました。

見返りを求めるのが恥ずかしいっていう事に気付いたんか何か知らんけど、態度が若干改まったので内心笑ってまいました。


てかプリント取りに行った回数なんか数えるん!?!?!?
子供っぽすぎんか???

「お前のほうが多くしばいたから叩かせろやー」
「お前のほうが多くしばいたわー」
とか何か、そういうようなやりとりを子供の頃にやったか、やってるのを見たかしたような記憶があるんやけど。

「そっちのほうがケーキ大きいー!!!!!」
とかそういうのんは子供の時あったね。

そんなん大人になったら、どっちが多いとか少ないとかどうでも良くね!?!?!?wwwww


納得いかん事にたいして納得いくまで説明を求めるっていうのは普通にわかるんやけど、
ただ単純に回数が多いとか少ないとかそんなんどーでもええわ…。アホちゃうかと。


いやほんま、私あまりにもドン引きしてたからかしらんけど、高級車さんの態度が若干改まったのはほんま良かったですよ。
んなもん持ちつ持たれつでええがな。むしろ多く出来るなら私のほうが多く人に親切にしたいんですけど。


例えばそれが私に対してだけに向けられた感情やったとしても、誰かに対してだけ卑しい性格になるっていうそれだけでもう私はドン引きしてしまいます。
どんな人に対してでも親切に出来るのが良い人やないかなと思うんですけどね。

人の事を下に見るっていうのがもう卑しいし下品なので、自分がそうなってないか気を付けながら生活していきたいなと思いました。終わり

 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック