2019年08月29日

結婚1周年を迎えました@今後の目標とか。



 

スポンサーリンク


結婚して1年が経ちました。

結婚した当初は、スピード婚やったのもあって「すぐ離婚するかもしらん」みたいな事を思ってたんやけど、1年経った今では離婚したいって気持ちも離婚するかもーっていう心配もありません。

つわりの時期だけかなりやばかったけど。
重症妊娠悪阻になってもうて全く動けんかったし、働いてない上にご飯も作らず寝込んで、しかもスピード婚やから私の性格をそこまで把握出来てない状態であろう配偶者がめちゃめちゃストレスを受けたのは明らかで、
私自身もそんな配偶者にイライラしたし、でも家事めっちゃ手伝ってくれてたり心配してくれたり背中さすってくれたり等々優しくもしてくれたり、
この時期の配偶者は完璧やったとは思わんけど、及第点以上の事はしてくれてたんやないかなあと思ってたり。配偶者の性格を知る限りでは頑張ってたよなあとか。
他の性格の良い男性ならもっと優しかったんかもー、とも思うけど、まあそこまでの事を私は配偶者には求めません。


新婚ホヤホヤの頃のほうが性格の不一致でかなり喧嘩した気がします。

今はお互い許容出来てるというか。役割分担が出来るようになってる。多分大体の人がそうなんちゃうかなあ?同棲でも結婚でも役割分担って大事やと思う。

若い頃に結婚したら「もっと○○な人が良かった!」とか、その他色々な不満が出てくるんかもしらんけど、アラフォー同士の結婚やからか、「まあしゃあないか」「まあいっか」ぐらいの適当な感じの生活が送れてる気もする。
お互い若い頃はそれなりの恋愛はしてきたっぽいし、もう他の異性にまで体力(?)を使う余裕も無い感じというか。お互いが居ればまあ満足っていうスタイルな気がする。配偶者が私をどう思ってるかとか他で恋愛してるかとかは知らんけど。知らんのやけど、別にしてるような感じは見受けられません。

てかほんま、普通に定時に帰ってくるし、残業したとしても30分程度やし(残業代つかへんから)、徒歩圏内の職場やからめちゃめちゃ早く家に帰ってきて、
お酒は家で飲むし、車好きやから外で飲まへんし、配偶者の友人は大体県外(海外も!)に居るから休日も大体家に居るし。
そういう状態やから私が束縛とか疑うみたいな事をする必要も無いし、それも楽。もし頻繁に遊びに行く配偶者やったとして、疑ったり束縛する気力が私にあるんかどうかわからんけど。昔は束縛しいやったからなあ…。



結婚記念日は平日やったから、普通にちょっと豪華(?)な料理を作って、ケーキ買ってきて食べたぐらいです。

旅行はお盆中に行ったし、来月は最後の海外旅行で台湾に行くし、その時に色々食べたり遊んだりする。それが1周年記念って事にしてる。
子供産まれたらしばらくは海外行かれへんし、ぱーっと遊んできます。妊婦やから激しい事は出来ひんけど。



ほんま、子供が出来たら余計離婚しにくいし、それも良い感じやな。

今のマンションもめっちゃ気に入ってるから全然引越ししたいとか他の場所に行きたい的な願望も無いし。
頭の中は産まれてくる子供の事でいっぱいです。配偶者は相変わらずのマイペースというか、子供が出来る事を喜んでは居るんやろうけど別にそれを口に出すでもなくいつも通りに過ごしてる感じですね。


部屋も大体は片付いてるし、シンプルやし、ほんまそれが嬉しい。配偶者が物を集めるタイプやったら喧嘩してたと思う。
お互いがシンプリストって感じやからなあ。シンプリストとかミニマリストよりは物多めやろうけど。




私個人としては、あとはちゃんと学費払って大卒になって、今欲してる資格を取得すれば目標達成って感じで。
それさえ達成出来ればもっと家事育児に専念出来るのになあって、そこが悩みです。

私の偏差値にしてはめちゃめちゃハードルの高い資格の勉強を自己満足でしてるからなあ。
そのせいで家事がかなりおろそかになってる。


配偶者と子供にもっともっと尽くしたいから、早くちゃんと資格取得せなアカンのやけど、めっちゃサボってまう。
サボってまうのも含めて実力やと思ってるからこそ悲しい。
この難関資格取得を目標にしてしまってるせいで色んな事を今犠牲にしてるから「何やってんねやろ私」ってなる事もかなり多いです。
ほんまそれがめっちゃめちゃ悩みやわ。

だからといってサボり癖は相変わらずやし、子供の頃に染みつけた性格はなかなか改善されへんなあ…と思ってます…。


早く目標達成して、家族の為にもっと時間を使えるようになりたい!今後の目標はそんな感じです。終わり(*'ω'*)


 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク
posted by アンビバレント女々 at 17:46| Comment(0) | 勉強・30代からの大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。