2019年08月05日

お金どんだけ持ってるかよりもどんだけ稼げて羽振り良く使えるかよなあ…と思った話



 

スポンサーリンク


配偶者側の法事に行ってきました。

美味しい食事を頂きました。京料理のコースやった。これはその一部。

20190804_131329799.jpg


その時に何故か私が居る前で相続税の話を親族が始めて、結構引きました。配偶者だけが居る場ならまだわかるんやけど…。私ももう親族やからそういう話をしても平気って事なんやろうか?
配偶者の両親側からその話を振ったわけではなくて別の親族が話振ったんやけどね。

んでその相続税の額が、私からすればめちゃめちゃ多くて、配偶者の年収から考えてもめちゃめちゃ多くて、後で2人で「相続税の額凄かったな…」って引いてました。
配偶者は実家というかお爺ちゃんがばりばりの金持ちやった事を知ってるからそこまでびっくりしてなかったんかもしらんけど。




昔と今やと、昔のほうが稼いでた人多かったんやろうか。

配偶者のお爺ちゃんはバブルの時に稼ぎまくってたみたいなんやけど。
そういう人昔は普通に多かったんやろうなと思ってて。

親族で事業してるんやけど、バブル後はどんどん事業縮小してて、今はかなり危険な状態らしく。
配偶者のお父さんの時代まではギリギリ儲かってたみたい。というかバブルはじけるまでに儲けた感じなんちゃうかなあ。



親族で経営してるって言うても、配偶者は普通のビジネスマンやし他の兄弟も継いでないから、
お婆ちゃんのお葬式には親族結構来てたけど、私の子供に関してはもうほぼ繋がりが無い状態になるんやろうなあと思ってるし、
配偶者の時点で「あの親戚めっちゃ金持ち」とか教えてくれるだけやし、特に今後関わり・繋がりは無いんやろうなと。


継いだら良かったのにーて言うたら、
「あんなしんどい仕事絶対継ぎたくないわ。子供の頃から朝めっちゃ早くから出かけて夜中に帰ってくるの見てたのに。」
て言うてました。稼ぎは良くても朝から晩まで仕事してるのは大変やろうね。





細かい話はさておき、とにかくお爺ちゃんがお金持ちやから、今年亡くなったお婆ちゃんから受け継いだ遺産の相続税はごっつい金額になってると。
お父さんと他の親族で割る事になるんやけど、相続税の額を聞いた限りではおそらく全部合わせて1億はあるなあって。
逆算するのは面倒やからめっちゃざっくりやけど。

1億相続する(税金めっちゃ取られるから手元に残るのは大分減るけど)って多いんやろうか?

私の実家は貧乏すぎるからさておき、そこそこの金持ちならそのぐらい相続してそう。しかもそれを親族で等分するからなあ。遺言があったらまた変わるけど、まあ等分って事で考える。





てか、どこからが金持ちなん?1億資産があれば金持ちなん?全然わからん。

私はアッパーマス層(資産3000万〜5000万)を目指して貯蓄してたんやけど、その位置から見れば資産1億は当たり前やけど多いやん。



でも1億って微妙じゃない?何かすぐ使い切れそう。

しかも今回配偶者のお父さんが相続するわけやけど、等分して税金払ったらそんなに残らんやん。
配偶者の実家が、自身の貯金と年金で生活して、その遺産に全く手をつけんかったとしても、配偶者が相続する頃にはまた等分せなあかんやん。兄弟おるし。

一人っ子の場合は美味しいんかもしらんけど、兄弟で割るってなるとそこまで美味しいもんでも無いというか軽いお小遣いなんかなあって気分になってしまう…のは私の金銭感覚がおかしいんやろうか。ネットとかテレビの見すぎ???

いやもちろん1千万でも貰えたら「やったー!!!!!」ってなるけど。あるのと無いのとでは全然違うし。





ググったところによると、50世帯に1世帯は資産1億あるらしくて。
実際、私の友人知人で資産1億持ってる人はほぼ0に等しいけど(社長の知り合いは持ってそう)、友人知人の両親の資産って考えると1億越えが身近になるわけで。

そう考えると、私からすれば「1億ってすげー!!!!!」ってなるけど、結構普通じゃない?と思ってしまう。




んで、それを将来相続するであろう友人知人は、普通に生活を切り詰めてるというか、頭をちゃんと使って消費と貯蓄してるわけで。

配偶者と私も、将来遺産1000万ぐらい受け取れるんかもしらんけど、受け取ったところで1000万やと直ぐ無くなるやろうから貯めとかないと!と思うわけで。

遺産貰える事を見込んでバンバン消費してる人って少ないし、浪費してる人も少ないよなあって印象になる。




単純に「この人お金の使い方下手やな」って元貯蓄体質の私が思えるような人はいっぱいいるけど、上手い下手は置いておいて、みんな普通に節約してるんやけど。

たとえば、
「大手キャリアのスマホ使ってるけど、コンビニでジュースは買わずにスーパーで割引されたジュースを買う」
人は節約してる人。




結局、金持ちでも低所得者でも節約してるよなあって。
消費・浪費しまくってる金持ちって私の周りにほぼおらんのやけど。

年収1千万超えの人でも、子供が居るから全然お金貯まらんーって言うてたりするし、実際年収1千万で切り詰めまくってなかったらそんなに貯まらんやろうなあとは思うし。

おそらく、年収1千万超えでばんばん浪費してる人は独身やろうね。私の周りはそういう人はほぼおらんかな。稼げる人は結婚して子供が居てる。




配偶者のお婆ちゃんはめちゃめちゃケチで生前贈与一切せんかったから、資産全部にたいして相続税がかかるし、最終的にそれ全然節約になってなくね?と思ったりも。

『てかお婆ちゃんそんだけお金あるんやったら全部使って死のうとか思わんもんなんかなあ?』
「いやいやあの人めっちゃケチやし【何かあった時のため】て貯めこんでたから相続の対策も何もしてなかったし。」
みたいな会話をして。

それ聞いて、将来子供の金銭感覚を見て、生前に贈与出来る額があれば贈与しとかななあ…とかめちゃめちゃ思いました。
まあ私と配偶者の場合、子供に生前贈与を考えるほど資産残せんやろうから考えても無駄ではあるけどwww



実家がお金持ちの友人知人は将来安泰やなあ羨ましいなあ…とかなり思いました。
一人っ子金持ちとか普通におるし。ええなあほんま。






てかほんま、お婆ちゃんの話聞いて、どんだけお金持ってても羽振りよく使えんかったら持ってる意味無いよなあとか思えたんやけど。

いや、正確には、意味はないわけではないな。貯蓄があると精神的な安心感が全く違うからな。
1600万貯金があった頃の私、めっちゃ精神的に安定してたもん。今は再婚出来たからって意味で安定してる。貯蓄はほぼ無い(後で書く)。



金持ちやけどケチな人って結構私の周りでも多いし。
友人知人の金持ち割合はそこそこ多いけど、羽振りの多い人の割合ってめちゃめちゃ少ない。

やっぱり将来の事を考えると、特に今のご時世貯めこむタイプの人のほうが多いんやろうなあってなる。
んで『それって金持ちの意味なくね?』てめちゃめちゃ思った。
お金なんか使ってなんぼやろーって。使うの定義に【運用】を含めたとして、運用してる人さえ少ない。


これって私の【金持ち基準】が微妙やからなんかなあ?もっと稼いでる人はもっとバンバン使ってるとか?いや、消費控えてる人のほうが多そう。

ほんま、「金持ちがこんだけ貯めこんでたら経済回らんわなあ」って、普段そういう事考えてないけど今回の出来事で考えてしまいました。

さっきも書いたけど、稼いでる独身男性独身女性はおそらくいっぱい消費してるし、今結婚したくないっていう高所得男性も多いみたいやから、そういう人達が消費してるだけちゃうのん!?ってなるなあ…。





私の友人知人の場合、金持ちもそこそこ居るけど、低所得層もいっぱい居てます。
友人知人の場合は低所得層の割合のほうがもちろん高い。私が元々低所得層やし、配偶者は高所得者ではないし。普通か少ないぐらいやし。

それでも、私の世代はまだマシで、親はそこそこ持ってるんやろうなあとか思うんやけど。親から遺産貰えるやん。
親に子供の物は買ってもらってるーとか言う人普通に多いもん。

私の世代が、自分の子供に孫が出来た時が問題なんやろうなあって。
孫に何も買うてあげられへん人になってしまう確率って結構高いんちゃうかなあって。
それめっちゃ悲しいやん。

まあそもそも子供作ってない人とか独身の人さえ多いけど。結婚したらカツカツになる人も多いよなあって。
私と配偶者はまさにそんな感じやけどwwwww


私達の世代まではまだマシなんやなあって、考えていくとわかって結構安心したのと、
それとは逆に、私達の子供が大人になった時代はめちゃめちゃ大変なんやろうなって、子供が可哀想やなあと思えてきて悲しくなりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ここからは貯蓄計画と消費の話を少し。


配偶者の親族達の相続税トークを聞いて、ざっくりこれからの貯蓄目標を決める事が出来ました。
配偶者にはもちろんそんな話してないです。


私の実家から300万、配偶者は1200万の遺産を相続したら1500万で。
老後3000万あれば一応安心かなって考え方でいくと、定年までに3000万貯めれば良いと。

私と配偶者の貯蓄は、完全に把握してるわけではないけど合わせて500万はあるから、

【貯蓄目標3000万−相続1500万−2人の貯蓄500万=定年までに1000万貯蓄】すればいいと。

配偶者の定年年齢で割り算すると、大体月に5万貯めれば良いという計算になりました。



こうやって遺産を含めて資産形成すると、目標貯蓄額めっちゃ少なくて済むんやなあ…と思ってちょっとびっくりしたんやけど。
前まで自力で(1人で)3000万貯める気持ちで居たからな。


ちなみに、2人共投資で失敗してるのと、配偶者の場合はマンションの頭金で貯蓄使ってしまってるから、そこまで残ってなく。
(2人で1500万ぐらい投資で損失出してる。向いてないからもうやらんとこうなって話し合い済www)
配偶者の貯蓄額なんか正確には知らんけど、メインバンクに300万あるのだけは知ってるし投資も別にしてないから300万。
私の貯蓄が200万ぐらいは残ってるから、合わせて500万、と。



今のところ保育園に行かせる予定やけど、一番遅くて小学生になる頃には100%パート始めるから、パート代貯蓄して。
配偶者は高所得者ではないから、毎月の手取りから5万も貯蓄は出来てないのが正直なところなんやけど、ボーナスを合わせれば年間60万(5万×12ヶ月)は貯蓄出来るんちゃうかなあと。
私のパート代も含めてやし。
…子供にどんだけかかるんかが不透明すぎるんやけどね…。


そのぐらいのペースで貯蓄出来ればいいって考えると、まあまあ消費も出来るんやないかなあって。
子供がもう1人出来たら完全に詰むけど、作る予定は0%です。出来てしまえば喜んで産むけどwww



お婆ちゃんの話を聞いてたら、ほんま消費もしたほうがええよなあってなった。
もちろんお婆ちゃんは百貨店大好きで高い食器やら置物やら買いまくっては居たけど、まあ貯め込み型の性格ではあったみたいで。

何かケチケチしたまま亡くなるのは嫌やなあって思った。
お金の事に関して、将来に悲観的になるのはニュースとか軽く見てると仕方ないなーとは思うんやけど、それでもケチケチしすぎるのは嫌やわ。

いや、元々私そこまでケチケチせんようにする派やけど。
結婚する前は海外旅行大好きやったし、ハイブランド物も少しは持ってるし、美味しいもんも食べるし。所得に合った消費は楽しんできたほうで。

これは結婚してからもそのスタンスは変わってないから、これからも崩さずいこうっていう決意表明みたいなもんです。


実際、最近車買い替えたけど、配偶者は車好きやのにファミリーカーにしようとしてて、私が「高級車でええやん」って高級車選んだし。
そういうところでケチって、後で「あの車ええなあ、かっこいいなあ…」て配偶者が他人を羨むようになったら私悲しいもん。
趣味にはある程度お金使ってもええやんって。



そんな感じで、ケチケチしすぎず貯蓄と消費のバランスを上手くとりながら、我が家は生活していく所存です。いえーい。終わり(^◇^)


 

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク
posted by アンビバレント女々 at 13:19| Comment(0) | 貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする