2018年05月06日

「めちゃイケ」の後継番組「極タウン」が酷い



 

スポンサーリンク


たまたまCMで、フジテレビの新番組「世界!極タウンに住んでみる」が始まるのを知ったので録画し、早速見てみました。


最初は、普通に面白いなあと思って見てました。

一般人がカンフーの町に住むんやね。ふーん。って。


中国到着して、朝バス停に行った時に人のラーメン貰って食ってたのは「うわぁ…一口もらって美味しかったんやったら自分で買えや」と思いました。食べてた人の朝ごはん無くなってもたやん。可哀想に。後でお腹すいてはるんちゃうか。

その後カンフー村に着いたんやけど、既に若干観光地化してるっぽくて。
まあ数年前に発見されたって最初に言うてたし、そもそも観光地化し始めたところやないと取材なかなか行けんやろうとは思うから、そこも普通かな。



てか「住んでみる」って1〜3ヶ月ぐらい住むんかと思ったらめっちゃ短かった。何日おったんやろ。1週間か10日ぐらい?
それただの旅行やしただの観光やん。番組のタイトルがおかしい。



カンフー村の人達はいい人やったけど家賃はぼったくり。もうちょっと交渉してもええと思うけど、まあ旅慣れてないならそれもしゃあないんかなと。

住ませてもろとる家のおばあちゃんが近所の畑のワラビかゼンマイか何かそんなん勝手に盗ってたから(でも多分皆許容してる??)、近所の家のニワトリも盗んだんか?と思ったんやけど、それは違ったんやろうか。何かよくわからんけど与えあい精神なんやろうか。そこは村ルールやからどっちでも良かったけど撮り方的にモヤモヤする。



カンフー村は、400年以上前から盗賊・動物から身を守る為に村人全員カンフー出来るようにしたらしいです。やらせか自然なんかサービスなんか知らんけど、草刈りしながら鎌を振り回したりしてました。食事に使う箸でも攻撃出来るそうです。子供もカンフーしてて可愛かったです。

今はカンフーを見せてお金を稼いでるそうです。頑張れー。

あとは普通に、テレビで村が紹介されてからは、インフラ整備してもらえたり町へ行くバスが出たり、ちょっとずつ町の暮らしも味わえるようになったとの事です。良かったですね。




で、最後に村人達がスタッフの為に食事会を開いてくれたんやけど、「乾杯て日本語で何ていうの?」て聞かれて「東野(東野幸治がMC)」って教えてて、皆で「ひがしのー!」って言うててビックリ。それあかんやろ。引くわ…。全然笑えん。
ちょっとぼったくられてたり、やらせっぽいのはまだ許容範囲やったんやけど(旅番組見たいから見てるのはまあこっちやし)、東野って教えるのはアカンやろ…人として恥ずかしい事しとんなあと思いました。





これは前半。前半がカンフー村。

酷すぎるのは後半。後半の、ペルーの砂漠の中にある湖(オアシス?)っていうのがもう酷い。見ててめっちゃくちゃイライラする。


ここで、取材先に数日住んでるのは、一般人やなくて番組関係者の人達なんやーって事がわかりました。
若手のADみたいなんが抜擢されてるみたいです。んでプロデューサー(ディレクター?私その位置関係がわからん)が同行してると。

この、砂漠の湖に行った人がくっそくっそくっそアホで旅慣れてなさすぎて、ばりばりぼったくられる。
東野幸治とか、その映像を見てる人達が「これあかんやつやん」的な事言うてるんやけど、ほんまにあかんやつ。
【日本人はこういう風にしていつもぼったくられてます。】みたいなんをまんま映してるっていう。

私はあの砂漠の湖に行く事は99%無いけど、あそこに遊びに行って、ぼったくったオッサンが居たら
「あんたがテレビでぼったくってんの見たで」って言いますよ。
昔マレーシアで詐欺師が近付いてきたとき「それネットに乗ってる台詞まんまやんwwwwwあほちゃうかwwwww」って思いっきり失笑しながら言いましたからね。

ほんま、ああいうぼったくりが多い観光地は大嫌いです。ああいうところ行くぐらいやったらぼったくりの無い地域でぼーっと過ごしてるほうがはるかに楽しい。ぼったくりが近付いてくるとほんまに消耗する。私ああいう時めっちゃ喧嘩腰になってまうから危ないねん。治安悪い地域やったら何されるかわからんから、あんまり強気になったらあかんのやけど。それで殺されてもた日本人観光客とかおるやん。だからそういうところにはなるべく行かん。



てかあんだけ観光地化してたら絶対バスかタクシーか何かの交通手段であそこまで行けるはずやのに、徒歩で行ってるところが既にうさんくさい。

私、「こんなところに日本人」やっけ?あの番組はほぼ毎回録画してるんやけど、あれはあんまり観光地化してないところとか、辺鄙なところにも行ったりするんやけど、この番組はやり方がおかしい。
いや、てか「こんなところに日本人」もやらせなんやろうし、100%会いに行く前に許可とってるのん丸わかりやし、そもそもそこに住んでる情報を得てるからこそ行くわけで、そういうのん何となくわかってるけど気にしてなくて。「○○、人口○○人、○○が盛ん」とか普通に解説が入るから私は見てるんやけど。
「しんどいけどこのルートで行きますね」とか最初から教えられてたとしても、そのルートで行ってる過程を、私は個人的に楽しめています。


だから「カンフー村」は面白く見れたんやけど(観光地化してるって言うても行くのそこそこ大変そうやし、まだ途上)、
ペルーの砂漠にあるオアシスの町は、行くまでの過程がありえへんかったからな。
あの観光地化振りはもっと簡単に行けるやろーって。地球の歩き方に載ってそう。

と思ってググってみたら、地球の歩き方には詳しくは乗ってない穴場、みたいな観光地らしいです。その程度の観光地やったらググればすぐわかるからテレビ局も番組作りやすいよな…。てか私がググってすぐ出てくる時点で…(^_^;)


旅行で行くぶんには「綺麗」「インスタ映え」みたいな感じでオススメなんやろうけど、ほんま番組の企画としてはしょーもなさすぎました。
カンフー村のほうが面白かったから、ペルー→カンフー村にすれば良かったんちゃうん?と思ったんやけど、多分ペルーから番組スタートさせてたら皆チャンネル変えてる。そう思うとカンフー村からで正解なんか。

って、ペルーが相当おもんなかったって事やん…。



いやーほんま、私が見てるのが「こんなところに日本人」と「世界ふしぎ発見」やから、それ推しになってもうてるんかもしらんけど、
「世界!極タウンに住んでみる」はほんまおもんなかったですね。一応毎週録画の設定にしてるから次回も見る予定ではあるけど。面白くなかったら録画するのやめます。
「世界の果てまでイッテQ!」は昔見てたんやけど今は見てなくて。鬱陶しいリアクションやなぁって思う時があるから見るのやめてもて。あれ面白い時は面白いんやけどなあ。個人的に手越君のキャラ好きやし。
他にも旅番組って色々あるんかもしらんけど、私あんまりテレビに詳しくないから知らんくて。知ってたら色々見るんやけどな。
何か『日本がやっぱり一番ですね!』的な紹介の仕方をする系は好きやないので、そういう系は見てないです。

おそらく私が「こんなところに日本人」が好きなのは、日本人に会いに行く途中で寄る町に「ここまでなら一人で行けそう」と思う場所がたまにあるからやと思います。それを探してる感。バスで行ける素朴な町が好きやからねー。



とにかく、「世界!極タウンに住んでみる」は大幅な改善が必要やなと感じました。そんだけ。終わり

 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 11:48| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする