2017年09月16日

バンコク女一人旅1日目@タイ古式マッサージスクールに入学する→スラム街に宿泊



 

スポンサーリンク




バンコク6泊してきました。あっという間でした。学校通ってたからです。


飛行機は定刻通り発ちました。

1泊2日ぐらいならバックパックだけで旅行した事あるけど、6泊でバックパックは初めてでした。
エアアジアの荷物制限は全ての荷物を合わせて7キロです。
私は関空の時点で7.9キロもありました。

めっちゃ焦ったんやけど、「今から絶対何も買わないで下さいね!」と念を押され、通してもらえました。
その時点で500mlの水をバックパックに挿してたので、それを除けば「荷物減らして下さい」とか言われたとしても全然いけたなと。ゲート通る時点で捨てなあかんし。
って事で、7.4キロぐらいで旅立ちました。

機内で本を2冊読んで捨てました。荷物減らさなお土産が買えん。


てかバックパックって意外と重いんやな…。せいぜい5キロぐらいやと思ってたから量りもせんかったわ。
現地で調達すればええわーって、服もそんなに持ってなかったんやけどね…。暑い国やから薄いカーディガンとかしか入れてないのに。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

バンコクには朝の4時ぐらいに着きました。

早速SIMの手続きをして、鉄道乗り場まで行きました。その時点でかなり迷ったんやけど、乗り場に行ってから、
『は!両替するの忘れた!!!!!』と空港に逆戻り。

レートはあんまり良くないというか…空港の後は他の場所でも両替したんやけど、1バーツ3.5円ぐらいでした。3.2バーツぐらいを期待してたんやけどなあ。残念。


私が何回もウロウロ往復してるから
「タクシー!タクシー!」とか客引きが何回も近寄ってきて面倒臭かったです。これ海外あるあるですね。


何とか両替して鉄道で電車(?)を待ってたんやけど、全然来ん…。
アナウンスがタイ語やから理解出来ひんのやけど、何らかのトラブルが起こって遅れてるみたいでした。
結局1時間半ぐらい待ってからやっと乗れました。
周りのタイ人もイライラしてたり時計を何回も見てたり、公衆電話から電話とかしてたから、トラブルやと思います。

早朝はバスが出てなくて鉄道かタクシーぐらいしか選択肢が無く、タクシーはぼられそうで怖いので鉄道にしたけど、折角早く着いたのに時間食ったので悲しかったです。

鉄道のチケット↓
20170908_044618_220.jpg

鉄道ホーム↓
20170908_045348_599.jpg


ちなみに鉄道の料金は20バーツ。やっすwwwww
席がどこかわからんから聞いたら「どこでも座ってええよ」的な事を言われたので、空いた席に座りました。
てかドア開いたままやし怖いwww最初座るところないからドア付近に居てました。スリル満点です。
冷房は無いけど朝やったからか涼しかったです。


列車はフアランポーン駅に到着。
ホテルの場所がわからん…。聞いたらタクシーは何バーツやとかトゥクトゥクは何バーツやとかばっかり言うてくるから『ウォーク!!!!!』って叫びまくりました。
でも歩くのは遠いでっせーとか言われまくりました。
それでも怖いから歩く。ほんまに遠いwwwww

んで辺鄙なスラムみたいなところに来て
「ここで合ってんの…?早速迷子?????」とか思ってたら、合ってると周りには言われ。
それでもわからんからいろんな人に聞いてたら、そのホテルを知ってるススだらけのおっちゃんが、原付でホテルまで連れてってくれました。
ガチで入り組んだ道すぎて、一人やと100%辿り着いてませんでした。ありがとうございます。

多分、バイクを修理するお店が並ぶ地域です。だから皆ススだらけでお店も黒くて汚いです。早朝やのにめっちゃ怖いです。ただ、歩いてる人は別にいい人ばっかりみたいやったけど。


んでホテルに荷物を預けたんやけど、全然英語が通じてないというか意志の疎通が図れてなくて。
荷物を預けに来ただけやのに「チェックインは11時からです」とか言われて。
『いやいや別に11時にアーリーチェックインしたいわけやなくて…夜にチェックインするしー。』
的な事を一生懸命伝えたんやけど、
「お前何でこんな早く来るねん」みたいな対応されてショック…。
それでも荷物預かってもらえたので(結局通じた)、預けて学校へ。

学校間に合わんーーーーーー!!!!!
ってめっちゃ焦って急いで行ったんやけど。


ホテルの近くの船着き場はマイナーな場所で。
大きい船着き場を皆教えてくれてて。
2駅分ぐらい結局歩いて、大きい船着き場に着いてしまいました。
グーグルマップ見ながら行ってますからね。


ホテルも船着き場もグーグルにちゃんと乗ってないんよ。
グーグルマップで見た時点で「この距離でこの大通りにあるんやったら歩けるわ」とか思ってたんやけど、まさかのグーグルに乗ってない細い道に全てが集約されてるっていうね…。地図に載ってない入り組みまくった地域なんですよ!!!!!


汗だくで船に乗ったのはええんやけど、次は目的の駅に止まらない。


これ、この後知り合ったフランス人も言うてたんやけど、
「【ワットポー】側に船が着くと思ってたら【ワットアルン】側に停まって、次の船着き場に行く。」
んですよ!!!!!

P_20170916_170604_HDR_1.jpg

めっちゃ雑に書いてるんやけど、
右側を船が走ってて、でもワットポーの所に差し掛かると、船がワットアルン側に行って。
んでまた右側に戻って、次の駅に着くんですよ。

私が行きたいのはワットポーなの!!!!!そっち行ったあかんの!!!!!
と思うんやけど、戻ったところで、やっぱりワットアルンに行くんですよ。何でやねん( ゚Д゚)

って事で、私はワットポーの次の駅を行ったりきたりしてしまいました。アホやろ…。

結局諦めて手前の駅で降りて歩きました。

因みに、ワットアルンから渡し舟が出てるので、それに乗ってワットポー側に行くのが正解です。謎乗り換えせなアカンわけです。
そんなんさー、ワットポーまで素直に行って、ワットポー側からワットアルン側に行けばええやん。何で逆の事すんの?????意味わからん。


んで手前の船着き場で降りたんやけど、次は学校の場所がわからない。

色んな人に聞いたら、ワットポーの門番をしてる人が、「マッサージはあっち」って指さしてて。
そこにオレンジの袈裟を着たお坊さんが通りかかり(いっぱい居る)、連れてったんでーって事でマッサージの場所まで連れてってくれました。

着いたら
「ここはマッサージスクールやなくてマッサージ場やで(´・ω・`)マッサージスクールはあっちやで。5分で着くで(´・ω・`)」
って、めっちゃ綺麗な受付のお姉さんが地図をくれました。



ああもう完全にマッサージスクールの受付の時間に間に合わん…。今日入学出来んかったら日程足りんから諦めないと…。
って絶望してました。

更に、地図もらったけどマッサージスクールの受付が全くわからん。
これもググり済でスクショ持ってたから、それを元に歩いてたんやけど。

人に聞いたら、皆が一斉に「あっち!!!!!」って指さしてて。
死ぬほどわかりにくい場所に受付がありました。絶対わからん!!!!!

しかもググって調べた地図の場所が違う!
コダックとセブンイレブンの場所が逆!やめてー!!

P_20170916_172446_HDR_1.jpg

めっちゃやる気ない地図やけどこっちのほうが正確ですよ。
ワットポー(ターティアン)の船着き場よりも、手前の船着き場で降りて歩いたほうが早いです。
さっきも書いたけど、ワットアルン側に船が停まって、渡し舟に乗らなあかんからね。
どっちにしても徒歩8分ぐらいかかると思います。10分見てたほうがええかも。地味に遠いです。

セブイレの横の、「こんな道入んの!?」ってところを進むと受付があります。

ググっておいた地図とはちょっと場所が違ってたんやけど、マッサージする場所とか受付の場所は変更になったのかもしれないです。
ただ、コダックとセブイレは逆になる事は無いと思います。セブイレの道曲がればいいです。

ワットポー周辺に居る人に場所聞いたら、皆「セブンイレブン!」って言うてくるので、マッサージスクールはどこ?っていろんな人に聞かれまくってるんやと思います。
ただ、ワットポーめっちゃ広いから、マッサージスクールの逆側の筋で道聞いても「わからん」「知らん」って言われます。



8時40分までに受付済ませろみたいにググったら書いてあって、私は8時55分に到着したんやけど、今日からレッスン受けられる事になりました。無事入学できました。
費用は9500バーツでした。3万5000円ぐらいですね。日本で受けるよりははるかに安いです。私の財布から出すにしてはそこそこ高額やけど、その分本格的って事です。

受付の女性はオレオをぼりぼり食べながら接客してて、めっちゃタイクオリティwwwww
もう1人の受付の女性は顔にクリームを点点点…って指で乗せていきながら接客して下さいました。自由wwwww
こっち待ってんのに「おおお…おもむろにオレオを開けて食い出した…おおおおお」ってなりました。

写真も持ってなかったんやけど、「明日持ってきてなー」って感じでした。緩いwww



んで韓国人か中国人みたいな女の子も居て。あと白人男性。
その3人でビデオを見て。英語やから何かわからんけど、○○年に○○先生が創業しました、とかそんなんやと思う。

その後、女の子は違う教室に行って、私と白人男性は同じ教室に移動しました。
女の子はめっちゃニコニコ微笑んできてたので、離れてしまってちょっと残念。


教室に行ったら、既に9時15分ぐらいやったんかな。だからもうマッサージが始まってました。
いっぱい生徒さんが居ました。

んでそこに居た女の子と、白人男性と、先生・私の4人で早速マッサージスタート。


「1・2・3」とか、ここは3つ押すとか4つ押すとか、そういうのんを丁寧に教えてくれます。
受付でもらったテキストを使って講義が進みます。

4人で交代しながらマッサージをしていきます。
1時間休憩を挟んで、9〜16時までです。

1日目は先生としか会話せずでした。ハローぐらいは言うけど。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


学校終わってカオサンに行こうと思ってたんやけど、スマホの充電が無い。
このままカオサン行ったら100%ホテルに戻れんくなる…と思ったので、ホテルに戻る事に。

また迷子。おもいっきり迷子。いろんな人に道聞いたら「あっち」って指さしてくれるけど迷子。
しかもスマホの電池が切れてもうて、『終わった…今日私死ぬんやろか…』って絶望して。

ホテルで地図をもらってたから、それを見せて頑張ってホテルの近くまで進んで。でもやっぱり迷子。全然わからん。
しかも皆英語通じんし…。

本気で絶望してたら、赤ちゃんを抱っこした若い女性が立っていました。
直感で「この人なら英語通じそう」と思って話しかけてみたら。
「マイハズバンドなんちゃらかんちゃら〜」って、私の夫がホテルまで乗せてくよ〜と言うてくれました。
最高!あんた最高やでー!!!!!
『コップンカー(*´з`)』ってお礼を言いまくってマイハズバンドさんにホテルまで乗せてってもらいました。わーい。

その道すがら、朝送ってくれたおっちゃんが座ってて、
「あんたまた迷ってんの!?」って顔で見られました。いやほんまこの辺りわからんって。難しすぎるって。



やっとホテルに着いてチェックイン。
部屋入って更に絶望。この部屋冷房無いやん…。
くっそ暑いwwwww

シーリングファンを全開に回してしのぎました。
それでも暑い。

しかも暗くなってきて、店も近くに無いし…。お腹すいたし喉乾いたし…でも出かけたらまた迷子になるし…。
って事で、夜景が綺麗と評判のホテルのレストランで食事をする事にしました。

綺麗(●´ω`●)
image.jpg

カレーを食べました。普通に美味しい!↓
image.jpg

これで千円ぐらいやけど、夜景価格なので良しとします。


カオサンにはもちろん行かず、とっとと眠りました。
翌日は、ここのホテルに荷物預けてマッサージに行って、荷物受け取って次のホテルに移動する、
って考えてたんやけど、100%迷子になるので、そのままバックパック持ってチェックアウトしました。



部屋は汚いです。タイクオリティです。でも広さはあります。
テレビは映りませんでした。時計は停まってました。石けんのみ置いてありました。歯ブラシもシャンプーリンスもありませんでした。
グーグルマップで見て徒歩で行けそうやなと思ったけど、迷子になるので全くこのホテルはオススメ出来ません。
外観とか撮ってくるのん忘れたわ。外観とかは結構普通に良いです。

20170909_070211_305.jpg

20170909_070221_689.jpg

20170909_070229_843.jpg

これで1泊2500円ぐらいやったと思います。


そんな感じで1日目終了しました。

 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 18:29| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする