2016年10月02日

自制は難しい。シンプルライフの維持は難しい。派手な自分と地味な自分がいる。



 

スポンサーリンク



シンプルライフってめっちゃ鍛えられるよな。
自制心が無いので大変です。

最近はとくに病んでるので物が増えていきます。


危機感を感じたのでシンプルライフに関連する本を購入しました。
今読んでるところです。宅建せなあかんのにね。
他にも本買うたんやけど、それは普通に字の詰まった文庫本なので宅建の後に読みます。

ちょっとシンプルライフ関連の本を買うたら心が動かされたので、その人の書いた本を更に2冊購入しておきました。
まだ届いてないので、届いて読み終わったら記事にしようと思います。




お洒落な人っていうのは、自分のスタイルが貫けてる人やと思います。
品のある人もそうやと思います。

「この雑誌に載ってるような服装やなぁ。可愛いなぁ」みたいな。


私の場合は、好きな服装がたくさんあります。
当てはまる雑誌が沢山ある感じです。
だから困ります。


音楽で言うと、ブランキージェットシティとザゼンボーイズが好きそうな服装の時と、
あふりらんぽとかゆら帝が好きそうな服装の時(?)があります。
後者は上手い例えが見つかりませんでした。てかどっちにしても古いwwwww


単純に自分がどっちの服装も好きっていうのもあるんやけど、
もう1つ、前者の服装が似合わないっていう理由もあります。

私はずんぐりむっくり体形なので、シュっとした人が着るような服装は本来似合いません。
でもシュっとした人に似合う服装(ライダースにスキニーパンツ)が好きなわけです。


で、服好きの彼氏と付き合ってた時は、そのシュっとした格好を褒められていました。
その彼氏もブランキーとかザゼンが好きやし、そっち系の服装が好きやったり…という理由です。

でも、服屋の彼氏は違いました。
「何で似合わん服装するん?柄物とかカジュアル系のほうが似合うのに。」
とか言うて、自分の服屋の服を着せてくれたりするんですよ。
ずんぐりむっくりに似合う服を知ってるわけです。

そこで葛藤してしまって、物凄く中途半端な恰好になったりしてて、自分で自分の服が気に入らんくて、これも違うあれも違うもうわややああああああってなります。

元々カジュアル系も好きです。
どちらかといえば服屋の彼氏はマリメッコとかそっち系を推してたけど、
私は元々シノラーとかロリィタやったので、あちゃちゅむ系が好きです。




まあ、まとめると、堀江とか船場にいるような人達の服装、もしくはファッション誌でトレンドを取り入れたような服装をすると、なんぼファストファッションが流行ってようが金がかかるわけで。

だからシュっとした服装(ライダースにスキニー)とかのほうが、ユニクロとかで揃えられるので金銭面では楽です。

無印系とかも安く済みそうやね。
てか無印系が似合うよって服屋の元彼は言うんよな。ああいうのんずんぐりむっくりでも着やすいからね…。



特にここ1,2年は血迷っただっさい服装をしていたので、元に戻します。
派手服は頑張って自制して、シンプルに過ごします。


性格に関しても、派手な自分と地味な自分がいます。ギャップが激しいです。
だから「アンビバレント」っていうハンドルネームで書いてたんやけどね…。



私は見た目(顔)を可愛いと言われるのが苦手です。言われ慣れてないからです。
でも、服装とか持ち物を褒められるのはめーっちゃんこ好きなんです。
最近は服装の全てがダサすぎて「それどこで買ったん!?」ってほぼ言ってもらえてなかったので、
また「それどこで買ったん!?」って聞いてもらえるようなアイテムを揃えていきたいと思います。
それを言われるのが快感です。
シャーペン1つでも「そのシャーペンめっちゃ可愛いー(*´▽`*)」とか言われるのが好きなんです。昔からです。


あの人ブスやけどお洒落よな。
って思える人たまにおるやん。その位置ってかっこええやん。

本気でお洒落な人には到底敵わんけど、せめて自分のスタイルを貫いたシンプルで上品な人間になりたいなと思っています。
それさえも出来てないから毎日「うわあああああ」ってなってるんやけどね…。


てかシンプルってだけで、ダサ度が下がって上品度があがるからな。
シンプルってやっぱりええで。関西弁で書くと品がないですか。そうですか。



「プロパーで買わない」話も書こうと思ったけど、区切ったほうが良いと思ったのでここで一旦終わり。
いつもながらのどうでもいい話でした。

 











 



 



スポンサーリンク