2017年05月07日

自分の利益しか考えん人苦手1



 

スポンサーリンク




むっちゃくそ体調が悪い…。
私気管がめっちゃ弱くてすぐ気管支炎になるんやけど、今喉の痛みと咳と鼻水に苦しんでいます。

こないだばりばり熱あるのに、仕事めっちゃ与えられて泣きそうでした。
最後のほう寒気しててずーっとさぶいぼ立ってたし、早退したいレベルやったけど言えず…耐え抜きました。
1回風邪引いたら長引くから辛いです。

仕事中手が空いた時資格の勉強してたりするんやけど、寒気しすぎて何も出来ずに突っ立ってるだけで精一杯でした。

体調管理出来ひんの恰好悪いわ…。
てか高級車さんとの件で裸で居る時間が長かったからっていうのが原因なんやけどね…。



その高級車さんに苛々しています。

当たり前の話やけど、どのぐらい稼いではるかは聞いてません。
結婚した時に買うてもうてる家のローンもあるやろうし、もしかしたらそれ+養育費も払ってるかもしれないです。
役職ついてるからそれなりなんやろうけど。何しろ高級車乗っとるしな。
後は投資はトータルで考えたら結構プラスっていうのは聞きました。

とはいえ、オチューンの時もそうやけど、いい年齢やからって年収はいわゆるググって出てくる平均程度やと思います。
高級車さんも多分年収1000万以下やろうなと。下手したら500万円台やないかなという感じはします。

実家は話を聞く限りでは金持ちです。



男の人って、育ちが良くても(これを育ちがいいっていう事自体が変かもしらんけど)、トイレの蓋開けっぱなしやったり、かけ布団の上に平気で乗ったりするんですよね。
私この2点をする人は苦手なんですけど、結婚しているわけでもない相手にはわざわざ注意しません。
無言で蓋を閉め、無言で布団乾燥機で布団を膨らませます。見てない時にね…。

てか布団の上に座るのって普通なん?ググったら普通みたいな事書いてあるんやけど…。
私ベッドに座るとしても、掛け布団めくって敷布団の上に腰掛けるんやけど…。おかしいん!?
踏んだらあかんやろ…。なんか気持ち的に嫌やん。布団がぺしゃんこになるから嫌というよりは、汚いなあっていうイメージ。ほこり立つやんって感じ。




あとは、こういうブログをやってるぐらいなので、私は人のお金の遣い方に敏感です。
「この人貯蓄出来てないやろうな」とか、
「この人儲けてる割に消費抑えとるな」とか、
まあそういうのんを、コンビニで何を買うかとか、普段どんな物を使ってるか、何を食べてるか、行くお店等々、そういうのんで普通に判断出来ます。

年収は当てられへんけど、ケチかケチじゃないか、利己的か利己的じゃないか、ぐらいは普通にわかります。

お金の使い方で、私を下に見てるか(舐めてるか)とかも大体わかります。
ただ、それが私の主観なだけであって、本人は無意識にやってる場合もあるので注意が必要です。



てか私が一番ケチなだけなんかもしらんけど、
ケチというか見栄っぱりなので、
例えば節約で、おにぎりをラップで包んで持参してる人とか居てるんやけど、ああいうのん出来ません。
でも、誰も見てない環境でなら出来ますwwwww
人に見られるところで、ラップおにぎりは食べられません…。
ちゃんとおにぎりケースに入れて持って行かないと恥ずかしいです。まあおにぎりケースに入れたところで、取り出したらラップにくるまれとるけどな…www

お弁当を作るのは手間がかかるけど、おにぎり程度なら作れます、んでラップで包みます。みたいなシンプルなそれが何か恥ずかしいです。
だからおにぎりを持参する時は、ワックスペーパーに包んでマステを止めて、自己満足なんやけど多少おしゃれに見えるようにしています。その程度のコストは惜しみません。

これって他の面でも同じで、プライベートブランド系のお茶とか、恥ずかしいから飲めないです。
ちゃんとしたメーカーのお茶をまとめ買いしたりしてコストを抑えてます。


最近は大学と仕事に追われてるからコンビニで普通にパンとおにぎりとジュース買いまくってるんやけど、
あまりにも無駄金を使ってるので、たまに持参するようにしてます。


サンペレグリノとワックスペーパーに包んだおにぎり、もしくはパンにクリームチーズとハム挟んだやつとか持参してます。節約しててもお洒落心は忘れずに…(見栄っぱりなだけ)。

こんな感じですね。別にお洒落でも何でも無いただのケチくさいおにぎりと水ですけどね…wwwww

20170507_204956_806.jpg


大学で起こった利己的な話を書きたかったに時間他の事書いてもうた。また後日書きます。では。

 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・30代からの大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする