2017年06月09日

ずれた返しをする人(少しだけ本のネタバレあり)



 

スポンサーリンク



昔と比べて我慢が出来るようになってきました。
直接、人に向かって「嫌い」とか「それは違うやろ」とか、そういう事を言わなくなりました。

【そういう考え方の人、考え方を持った人、成長の過程でそういう捉え方を身に着けた人】等々…そういう風に見れば、考え方とか捉え方が違うのは仕方ないし、私が間違いの場合もあるし、どっちも間違いじゃないかもしらんし、まあお互いどの程度かはわからんけど信念みたいなもんがあるのは良いんじゃないですか、ぐらいの感覚で受け止めるようにしています。

まあそれでも心の中ではドン引きしたり、「うわぁ」「何でそんな事言えるん…」とか色々思って、さぶいぼまで立ってる時ありますけどね。



さぶいぼが立つぐらいドン引きする相手に、高級車さん(一応元彼)がいます。

クリスマスに年賀状のバイトをしてたらあいちゃんの年賀状が出てきて、あまりのショックに高級車さんを呼び出し、甘え、それから1ヶ月ぐらい付き合ったんやっけ。記憶がもう曖昧です。


今まで生きてきた中で上位3位に入る…というか普通に1位やないかな、と思うぐらい、正直高級車さんが気持ち悪いです。
でも1回好きになってしまった手前、嫌いという感情を持つのが難しく、私のカスな性格が浮き彫りになってます。
後は大学内での世間体で、講義一緒に受けてます。
秋学期は離れる可能性大です。

正直ぼっちが怖い。もう2回生なので話す相手も固定されてて、しかも固定されてるというか、ほぼ喋るの高級車さんのみです。
部活の子達とかが挨拶してくれる事はあるけど、19歳(もう20歳かな??)の子供達と一緒に遊ぶわけもなく、挨拶して、講義と音楽の話を少しする程度です。


1回生の頃にちょっと喋ってた可愛い女の子たちは、私と高級車さんが一緒に居るのを見て
「何であのお姉さんはあんな腹の出た性格悪そうなオッサンとずっと一緒におるんやろう…」と思ってるかもしれないです。いや、これは私がそう思われたいのかもしれないですね。

高級車さんしかタイプの男性がいなかったから高級車さんを私はゲットしたわけです。
一応狙った獲物をそのまま捕まえられたんですよ。でもね、性格が糞悪かったっていうね。見た目で選ぶと毎回ろくな事になりませんよ。だめんずを顔で選ぶ才能に長けすぎています(ノД`)・゜・。


1回生の時って、高級車さんの周りにはいっぱい人が集まってて、この人はさぞかし魅力的なんやろうと思ってました。若い学生が仕事について質問をしているわけです。
でも2回生になってからはさっぱりです。こういう風に書くと語弊もありそうなので一応書いておくと、私と一緒に居るからっていうのもあります。多分、私も高級車さんも、個別に行動してた頃のほうがいろんな人と喋ってました。
今は傍から見たらカップルに見えん事もないので仕方ないですね。



若干話脱線したけど、とにかく高級車さんと私は性格が全く合わんわけです。
私は結構そのへん寛大で、受け入れようという姿勢が今はあるほうなんですけど、それでも耐えられないほどのストレスを抱えています。本当に辛いです。



先日、私は見事に遅刻し、配布物を取っといてもらってました。
【はよ来い。走れ。】
とか、キレたようなLINEの返事。いつもの事です。

着いたら機嫌が悪い。
「『プリント取っといて』ばっかりやん。俺の事パシらんといてくれる?」
とか仰る。
んで次の時間になって先生が配布物を前に置いたら
「俺の分とってきてや」
とキレている。

言われなくても取りに行かせて頂きますから。
普通に取りに行く。


私よりも自分が多く働いたら、嫌みたいです。

お互いに飴を持ち歩いてる時があります。
持ってるほうが持ってるほうにあげます。普通に食べます。
飴のカスを私に渡して、ニヤニヤしてきます。
「りえが捨てろや(^^)」みたいな感じで渡してきます。
自分が飲んだコーヒーの缶とかも、「俺のゴミはお前のゴミ(^^)」みたいな感じで、私に捨てさせます。

どちらかといえば、私は自分から『ゴミある?』『何か捨てるもんある?』と聞くまでもなく、相手が飲み終わった缶を持ってたら、自ら捨てて差し上げるタイプです。
そこに恩着せがましさとかは無く、そこにゴミがあるから捨てるだけの話です。
それを「はい」と言うたり、無言でニヤニヤしながら「捨てろ(^^)」みたいな感じで渡されるとめちゃめちゃイラっとします。

私はあんたのお母さんですか?ママですか?何なんですか?ってなります。

相手が年上でも年下でも何でも、一緒に何かを食べたら、そのゴミは私が捨てるように努めます。
大体の礼儀正しい人は「ありがとう」と仰るし、私も相手が率先して捨ててくれたら「ありがとう」ぐらいは言います。

高級車さんにはそういう常識が無いというか、多分会社でも部下にゴミ捨てさせたりコキ使っとるんやろうなあっていうのが透けて見えます。

こいつ甘やかしてたらいちびりよんな…、と理解してきたので、最近は缶を渡そうとしてきても受け取りません。
なんていうか、小中学生が人をパシって優越感を感じてるって表現したらええんかな?あんまりそういう人と友達になった事が無いから上手い表現が見つからんのやけど、とにかくその行動がダサい。そんな事で優越感を感じなアカン程に現状に満足してないんですか?と思うというか何というか。


昔の私なら「そういうのんめっちゃダサいで」ぐらいの事は平気で言うてたと思うんですけど、今は「うわぁ…」と心の中で思うに留めています。「ちっちゃ!」と内心思いまくってもうてます…。

そう、高級車さんはちっちゃい。180センチもあるくせにちっちゃい。心がちっちゃい。悲しい。とっても悲しい。私の好きになるダメンズは心がちっちゃい。

「ちっちゃ!」って言うたら絶対キレられるし、私はそういう類の事で何度も殴られた事があるので(だから自業自得って周りに言われる事もある。でも暴力はだめですよ)言いません。我慢我慢です。




で。
私は講義中にノンフィクションの小説を読んでいました。

講義が終わってから、その話をしました。
以下本の内容のネタバレが少しあります。

先ずそのページから(画像飛ばして会話から読んだほうがいいかも)↓↓↓
20170609_115123_691_1.jpg

20170609_115200_779_1.jpg


私『今読んでる小説の中で、自閉症の子が遊具から落ちて怪我してもうてな、縫わなあかんくなってんけどな、お医者さんが「こういう子は何も感じないから麻酔しなくていいんです」って、麻酔が勿体無いからって麻酔せんと手術しよってん。めっちゃ泣きそうになったわ。ノンフィクションやで。ほんまありえへんわ。さぶいぼ立ったわ。鬼畜すぎるやろ。』
高級車さん「麻酔せんほうが治り早いねんで。」
『治りが早いとかそういう話してへんねんけど。麻酔せんと手術されたら痛いやんか。泣き叫んでるのに麻酔無しで手術してんで。ありえへんわ。』
「いや実際麻酔せんほうが治り早いからお医者さんそうしたんかもしらんやん」
『は?そんなわけないやろ…。麻酔もったいないからってケチったんやん。そう書いてあるし。』
「それって親が貧乏やったんちゃうん?」
『いや貧乏な子の親やけどそんなん治療費そのまま請求しとんやろ』
「そんなん書いてたん?」
『書いてないけど…ていうかそういう話書く場面ちゃうし』
「貧乏な親の為に麻酔無しでやっただけやろ」
『自分の子供が泣き叫んでるのに麻酔ケチれとか言うやつおらんやろ。その親はその子供が大好きっていう設定(ノンフィクションです)やのに』

とかいう会話をしました。
高級車さんの返しに私は内心ドン引きしまくってました。

私が「そうなんや!?麻酔無しのほうが治りが早いんやー!!」って、そっちの話題に関心を持つと思ったんやろうか?
もしそう考えてるんやとしたら、頭がおかしい。

そういう意図ではなく、その話にはさして興味が無く、自分の持っている麻酔の知識をひけらかしたくて仰ったのか。
それとも、そういう返しをしたら私がムっとするのがわかってるから、わざと仰ったのか。

アスペルガーを疑わざるを得んレベルの返しをしてきた高級車さんに、今度はさぶいぼが止まりませんでした。
この人はどこまで屁理屈を言えば気が済むんやろう…。


たまに屁理屈ばっかりで返してくる人っているんですよ。
ええ歳して何で論理的に話しせんのや?私が言いたい事が伝わらんのや?伝わってたとして、何で非論理的な返しをわざとするんや?しかもニヤニヤしながら。
気持ち悪くてたまりません。人格疑うレベルですよ。


とか思いつつも、あと数ヶ月我慢すればこの人と離れられるから、このキチガイを暫く楽しむつもりで観察しよう…ぐらいの気持ちで接していくしかないなと思っています。
あと、こんな事を書いてるけど、たまーーーーーに優しい時があるので、何とか関係が保たれています。
多分そういう風にして人を支配・操作してるつもりなんやろうけど、それって若くて恰好良かった頃やと所謂奴隷的な感じでついてくる女がおったんかもしらんけど、殊に私に関しては、別に精神的にマゾでもなくて、急に爆発したりするので気を付けたほうがいいですよ、いつか攻撃しちゃうかもしれないですよ、とか思ってしまいます。

高級車さんは自分で強いと思ってるか、プライドが高いか、何かそういう雰囲気を漂わせてるけど、
元人格障害の私から言えば、この人のどこをつっついたらめっちゃ傷つくかとか、そういうのんを理解してしまう時があって、意識的にか無意識的にか、攻撃してしまって…下手したら刺されるんちゃうかっていうぐらい、痛いとこをえぐってしまうので、ほんまやめて頂きたいです。
なんていうか、たまに虚勢張ってるのが見えて…それもまた、さっき書いた「ちっちゃ!」に繋がるんやけど…。

私と同じで病気・障害っていうレベルではないんやろうけど、過去の経験が元で何かを隠してるような雰囲気があるので、そういうとこえぐったったら面白いやろうなあとか思えてしまうので自分がちょっと怖いです。
そういう復讐心みたいな物は私からはもう消えてるので、どうやったらこのきっしょい男と上手くやっていけるんかなあと、そういう方向で考えてしまうわけです。うーん、やっぱりだめんずうぉーかーですね。終わり。


 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強・30代からの大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする