2017年02月22日

韓国人に「何で英語話されへんの?」って鼻で笑われて悲しかった件@英語を頑張ると心に誓った



 

スポンサーリンク




昨日、チェックインのお客さんから、
「Wi-Fiのルーターを頼んだ」
みたいな感じで、79ドル支払い済の紙を見せられました。

何やこれ!?うちのホテルWi-Fiルーターなんか貸してないし…。
ってめっちゃテンパって。フロントでそれを言われたから、iPadを使って通訳さんに電話して、代わりに対応して頂きました。
英語がわからん場合、最悪そのアプリ(?)を使ってテレビ電話で通訳してもらえます。


んだら、
「Wi-Fiのルーターを頼んでて、それがこのホテルに荷物として届いてる」って言うてる、との事でした。

『あー!!!!なるほどー!!!!!荷物届いてるー!!わかったー!!!!!(*´▽`*)』
って、もう1人のフロントスタッフと大興奮して、テレビ電話を切りましたwwww



で、外人さん(確かカナダ人)も、こっちが興奮してるから
「通じたー!あはははーーーーー(*´▽`*)」みたいな感じで喜んでて、客2人フロント2人で盛り上がってて。

外人さんって8割方、予約の時点でカード払いしてるから、フロントでお金もらわへんねんけど。
その人はたまたま現地払いで。


「部屋どこ?」
って聞かれて、
スイートが空いてる時は、運の良い人(気分で選ぶ)をスイートルームに割り当てるんやけど、
その人達がたまたまスイートに割り当てられてて。

普段は日本人を割り当てて、
ドヤ顔で
『本日スイートに空きが御座いましたので、スイートルームご用意させて頂きました(^◇^)』
って言うもんなんやけど、たまたま今日はそのカナダ人に案内せなあかんくて。


『スイートルームーーーーーー(*´▽`*)』
「OH!(*´▽`*)」
とか喜んでくれて、部屋に上がっていって。



その後で
『うわああああああお金もらうの忘れてたああああああああああああああああああ(;´Д`)』
って、Wi-Fiとスイートルームで頭がいっぱいいっぱいになってて、お金もらうの忘れてまいました。


その後フロントまで払いに来てもらったんやけど、2人共英語出来ひんし、
もう1人のフロントさんが助けてくれて、部屋に電話してくれてんけど、
『ペイマネープリーズ!アイムソーリー!ペイマネー!ナウ!トゥデイ!トゥモロー?ノー!トゥデイプリーズペイマネー!』
とか言うて、通じたから支払いに来てくれたんやけど、

「スイートルーム代は取られるんか?」とかキレられたし(もちろん払わんで良い)、でも説明の仕方がわからんし、たじたじでした。
支払ってもらえたし最後は笑顔やったけど、最初怒ってたからめっちゃ申し訳なかったです( ;∀;)


後からもう1人のフロントさんが、
「てかペイマネーって「金払え」やんなwwwwwこっちがもらうの忘れてんのにめっちゃ失礼やんwwwwwぎゃははははははwwwwwww(*'▽')」
とか爆笑してました。

外人さんは大体優しいから、命令でも何でもこっちはニコニコしてるからそこまで怒ってけえへんし、ほんまええ人ばっかりです…。


ほんま英語話されへんのんやばいよなぁ…と思ってました。





で、昨日。

フロントに電話がかかってきて。
何を言うてるんか全然わからんのやけど、シーツが欲しいと。
「アイムコールド、プリーズなんちゃらシーツ」
とか言うてはるから、

ああ毛布が欲しいけど無いならシーツをくれって言うてはるんやろうな、と思って、持って行きました。


んだら「中に入って」って言われて。

英語3割ぐらいしかわからんのやけど、どうやら、
「掃除がちゃんと出来てないやんけ。寝ようと思って布団めくったら、ここにもここにもここにも毛が落ちとる。こんなんやったら寝られへん。汚いからベッドメイクやり直すか部屋を変えてくれ。」
とか言うてるみたいでした。

んで指をさしてるところを見たら、確かに睫毛か鼻毛ぐらいの長さの薄い毛が落ちてました。


何となくわかったから謝っててんけど、
「ここはラブホテル?」
『ノー、ビジネスホテル』
「は?ビジネスホテルやのに何で英語話されへんの?英語話せる人を連れてきてよ。それか韓国語が話せる人。」
『夜中のスタッフは英語を話せません』
「何で?」

何でって言われても…。私が聞きたいわ。
てかラブホテルって韓国にもあるのん?ラブホテルには英語を話せる人がおらんくて当たり前で、ビジネスホテルは英語が話せる人が常駐してるのが普通っていう認識なんやろうか…。
まあビジネスホテルはビジネスなんやから英語が話せる人が居て然るべきという意見は一応真っ当やと思うんやけどね。

めっちゃバカにされたような感じで言われてるし、汚い汚いきたなーーーーーーーい!!!!!みたいなクレーマーで、
アプリで翻訳したのん見せてくれたけど、
「部屋を変えるか掃除をしてくれ」っていう内容やったから、もうわかっとるし!って事で、

部屋を作るには30分かかる、って言い残して去りました。




んで下に戻って、部屋を作ってくれって言うたら、
部屋を作るのは時間がかかりすぎるから、ベッドメイクしに行ったほうが早いから、それを電話で言うてくれ、と言われました。

何とか英語で説明して、5分でベッドメイクするから部屋に行ってええか聞いて、OK貰って、メイクさん2人と私の3人で部屋に行って、パパっとベッドメイクして、平謝りして、部屋を後にしました。



メイクさん「昼間の人にちゃんと毛が落ちてないか言わなあかんなと思たけど、あんな細い毛やったら多分気付かんとセットしてまうわ…あれただのたちの悪いクレーマーやで」
とか言うてはりました。

で、2泊するから明日は部屋変えろとかも言われたから、部屋を変える事も承諾しました。



毛が嫌なんはめっちゃわかるけどね…。
海外のホテルやったら毛が落ちてるのなんか当たり前やからクレームを言うまでもないけど、
日本のホテルはちょっとでも汚れてたらクレームすぐ言われますからね…。
(私が東南アジア圏で泊まる3つ星ぐらいのホテルは100%髪の毛が落ちてる。しかも1本や2本やなくて、固まりで隅っこのほうに大体おちてる。高級ホテルは知らんけど中国とか韓国の4つ星ホテルにも普通に落ちてた。)


ほんま、英語が出来ん事で余計にキレられたから大変でした。
英語出来るスタッフ1人と出来ひんスタッフ1人置くべきやと思うんやけどね…。
部屋がお洒落なだけで、質は悪いホテルなんですよ、ごめんなさい。

って、別に質を悪くしたくてしてるわけやないし、キレられたというか教養の無さをバカにされたというか、韓国人はまあまあ英語出来るんやけど、日本人は英語出来ん人が多いやん。
それをおもいっきりバカにしてる感じで喋ってこられたから、悲しいし悔しいし、最低限の英語話せなあかんよな…ってめっちゃくちゃ思いました。


今回のお客様の場合は、英語話せるスタッフやったら余計クレーム言うてたと思いますけどね…。
英語が通じてないから「もうええわ、掃除してくれたし。しゃあなしやで」的な感じやったし。




めっちゃ時間かけて考えれば、まだ英語が頭に浮かんでくるんやけど、
英会話はパっと喋らなあかんから、文法がめちゃくちゃになるし、ほんま情けないです。
「Can I〜?」
さえ出てこんかったからな。
疑問文が浮かばんくて、普通の文章で話した後に「OK?」って付けて喋ってたもん。
ああ情けない。情けないよおおおおおおお(´・ω・`)



てか英語圏の人は、
「ドゥーユースピークイングリッシュ?」
って断ってから話してくれる人も多いんよ。
その時は、
私『ジャストアリトル』
「OK(*´▽`*)なんちゃらかんちゃら〜」ってゆっくり分かり易い英語で喋ってくれるんやけど、


韓国人と中国人には
『ジャストアリトル』が通じひんから
「(´Д`)ハァ…?ドゥーユースピークイングリッシュ?????」って聞き返されるんやけど。

『アイスピークイングリッシュ、アリトル』←これ文法おかしいよな??
って言うと
「OH、NO!」
とか言われる。


私の『ジャストアリトル(ちょっとだけ(^◇^))』で乗り越えるっていう技が使えんかった時の悲しさったら…(´・ω・`)



どっかの本に、
『アイキャントスピークイングリッシュ』
って言うたら
「お前喋れてるやん!」
と思われたり言われて、喋る気無いんかってムカつかれたりしてまうから
『ジャストアリトル』←ちょっとだけ(^◇^)
と言いましょう!って書いててんもん…。

海外旅行は全部それで乗り越えてきたけど、ビジネスでは通用しません!( `ー´)ノ



深夜スタッフで英語話せる人は皆無なので、今後の為にも私が率先して英語を習得したいと思います。
英語苦手すぎて、1年勉強してTOEIC280点ぐらいやったはずなんやけど…。
背に腹は代えられんので、今よりはマシにしていきます。ほんま苦手やけど頑張る…。

 











 



 



スポンサーリンク
posted by くりはらりえ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | バイト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする